春牛蒡を食う・・・私の『土を喰らう日々』2020年03月23日

 時々無性に土の香りがする牛蒡を食べたくなるのは農家の生まれのせいもあろうか。先だっても買い置きした牛蒡を洗ってささがきにした。包丁の背で皮も少し削いだ。水にさらしてあくをとり下ごしらえをする。ものすごく匂う。その後は、フライパンにごま油を落とす。熱したフライパンにひね鶏を刻んで入れて炒めます。砂糖、醤油で味を調えて火が通ったところで出来上がり。
 食べてみると、肉質は硬い。あるブログによると「(鶏全般ですが)ヒネとは、「卵を産み尽くした頃のメス鶏」を指します。「親鶏」「廃鶏」などとも呼ばれ、採卵用に飼われていた鶏が年をとり嫌な表現になってしまいますが、「利用価値がなくなった」鶏が「ヒネ鶏」として出荷」とあります。
 しかし、旨い。牛蒡の香りと簡単には咀嚼できず、口の中でガムみたいに歯でよく噛んで柔らかくしてから飲み込む。その時は肉のうまみを味わう。牛蒡の香りと鶏肉の味わいの一品は元気づける。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック