コロナに関する山名2020年03月12日

 中国の武漢市に発生し拡散されてしまったコロナウイルス。コロナとは何だろう。古い人はトヨタの車名のトヨペット・コロナを浮かべるだろう。登山が趣味の私は乗鞍岳のコロナ観測所を想う。娯楽事業の「コロナグループは、複合型娯楽施設のコロナワールドなどを運営する愛知県の企業グループ。」もある。映画館の名前になっている。また冬にお世話になる石油ストーブメーカーにもその名がある。
 割に親しい語彙である。その意味は何か。ギリシャ語では王冠という。コロナウイルスはウイルスの形が王冠に似ているかららしい。
 トヨタの車名は王冠を意味するクラウンに始まり、コロナは「太陽大気の最外層で、皆既日食の時、太陽のまわりに真珠色の淡い冠状の光として見えるもの。」に因む。光冠とする書き方がある。花冠を意味するカローラも冠になる。日本語の冠を英語化したカムリで冠シリーズは終わった。
 さて山の名前には冠山がある。岐阜県と福井県の境にある。広島県にも一等三角点の冠山がある。美ヶ原の最高峰は王ヶ頭という。山梨百名山の王岳がある。近場の冠山にでも登ってコロナウイルスを征服してみたい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック