山岳会東海支部の新年会に出席2020年01月19日

 今池のガスビル8F。16時30分に受付を開始。懐かしい面々と新年のご挨拶を交わす。しかし、年々、知っている人が減って知らない人が増える。そこが寂しさを感じる。かつてはほとんどが錚々たる先輩ばかりだったのに今はこっちが古参会員の部類に入ってきた。後10年も続くかどうか。
 山は楽しい。しかし人間は年を取るのだ。やがては消えてゆく運命である。せめて元気なうちは続けたいもの。
 今回はNHKのディレクターの廣瀬 学氏を呼んで、NHKの得意の山番組の裏表を語ってもらった。廣瀬氏は2年前に名古屋へ転勤で来られたらしい。副支部長と懇意というのでつながった。20世紀は映像の世紀というので山々にもTVカメラが入り込んだ。その前に伊藤孝一の映画用のカメラが入った話も出た。当然だろう。
 後は番組制作の裏話になった。これはスマホで撮影して拡散しないでくれとの要望になった。この世界にも昔は容認されたが今は苦情が出るものもあって再放送はできないとのことだった。そこをちょいと切り取って見せてもらえた。加えてキャンプ、焚火、などは放映すると苦情が来るとのこともあった。冬山とか登山道のない山ではそんなわけにはいかないのだが・・・・。世間は分からずやなのです。
 まして何かとスキャンダルの多いNHKは視聴者の見る目が厳しくなっていることもある。NHKから国民を守る党もある。バッシングがひどくなっている。それでも山番組は人気が高い。お茶の間で見るにしてもどこか非日常の世界へ誘いがあるからだ。この後、宴会に入る。私の顔を見るなり『名古屋周辺週末の山登りベスト120』が好評だった。支部報に寄せる読み物も好評であった。みなさんなかなかよく読んでいただいている気がする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック