治療2020年01月10日

 1/3に対馬・龍良山の山頂の岩場で凍結していたのか、ちょっと転んで左足の向こう脛を打った。筋肉だらけの部位である。出血はなく鈍痛だったから治療もしなかった。その後1/4から以降もほとんど痛みは感じず、温泉で温めていた。
 ところが1/6に帰名後から痛み出した。対馬より名古屋は寒いと感じる。寒いから血液循環が悪いのだろう。患部を見ると紫色にはれて広がっている。もしやばい菌でも入ったか、と不安になり治療を受けた。結果は自然に治癒してゆく過程らしい。紫色は内出血の血が変色して血管に吸収されて行くという。一安心した。簡単な塗り薬をもらった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック