解体工事業登録申請の下準備2019年12月16日

 丸の内の事務所の隣のビルの解体工事が順調に進んだ。今は3階部分まで下がった感じである。かなり下に見える。巨大なカマキリみたいな重機が鉄の爪でビルのコンクリートの壁を剥がし、突き破ったり、騒音も振動も凄い。拙宅まで響いてくるほどだ。はよ終わって欲しい。

 名古屋市中心部はこれからビルラッシュ時代を迎える。2027年にはリニア新幹線が開通する予定であり、東京との時間距離は大幅に短縮される。大体名鉄で岡崎へ行く時間とリニアで品川へ行く時間が同じになる。これは交通革命であろう。

 名古屋市のビルオーナーはこれを機に老朽化したビルを建て替える機運が高まってきたのである。隣もその流れであろう。すると今後建設業全体は右肩下がりではあるがこと名古屋市内に限ってはスクラップアンドビルドが当面続く。つまり解体工事業が忙しくなる。

 折しも建設リサイクル法が成立し、愛知県のHPには

建設リサイクル法の届出について
分別解体等の届出の義務化

・「建設工事に係る資材の再資源化に関する法律」が平成14年5月30日に施行され、特定建設資材を使用する新築工事等で一定規模以上の工事(対象建設工事)については、特定建設資材廃棄物を基準に従って工事現場で分別(分別解体等)し、再資源化等することが義務付けられました。

・工事の発注者や元請負業者等は、工事の事前届出や元請業者から発注者への事後報告、現場における標識の掲示などを行なわなければなりません。

・建築物等の解体工事の実施には建設業許可又は解体工事業登録が必要です。

再資源化しなければならない特定建設資材(4種類)
1 コンクリート

2 コンクリート及び鉄から成る建設資材(プレキャスト鉄筋コンクリート版等)

3 木材

4 アスファルト・コンクリート
以上

 というわけで、中小企業でも工事金額の多少を問わず建設リサイクル法のしばりを受けることになったのだ。それに粉砕したコンクリートの破片も再資源化するというのである。

 さて、先般依頼のあった解体工事業登録の申請の仕事は愛知県のHPから書類をダウンロードして空間を埋めてみた。疑問点は愛知県の当局に電話で問いただした。また依頼者でないと書けない部分もあるので後日打ち合わせの日時を約束した。
 それにしても入力作業中に気づいたが、ダウンロードしたエクセルの書面で住所、氏名、社名等を入力すると別の書式にも入力されていた。しかも場所はずれている。ちょっとおかしい。これも後日問い合わせる。