また原稿書き山積2019年10月29日

 原稿書きの課題が山積してきた。忘れないように整理しておく。

1所属する山岳会の支部報 連載 岳人列伝 11/30〆11/4済

2「東海山岳」の60年史    2022年
・・・50年史の加筆版になる。東海地方の登山事情を大正時代にさかのぼると見えてくるのは八高と名帝大のありようである。八高OBは医師か技術者志向でなければ、文系は特に東大か京大、阪大へ進学した。自ずと登山家の若手を吸い取られていた事情がある。戦後の学制改革で名大に文系学部が誕生し、登山人口が増えた。東海支部の発足が出遅れたのはいびつな学制と無縁ではない。

3俳句結社の連載の鑑賞文投稿  11/10〆      11/2済

4俳人協会の評論文投稿       11/15〆

5仕事では一般社団法人の定款の原案  可及的速やかに

6所属する山岳連盟の一般社団法人化への対応(公益性のある任意団体から法人への移行の課題)

7新聞社への連載への投稿 11/15〆           11/4済
とある。
 うち5と7は有償なので重要な仕事になる。1から3と6は約束なので信頼を裏切るわけにはいかない。4のみ自発的な投稿なので任意である。どうでも良いことであるが着想があるうちに書いておきたい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック