北畠親房「一命を以って先皇に報い奉る」2019年10月01日

 台風の影響か今日も蒸し暑い。気温は低いが動きたくない暑さでまだエアコンに頼る。ただし、ベランダのよしず2枚は先日取り外した。視界がすっきりする。
 今日は売店で新聞を買うと10%の消費税が取られていた。毎日宅配されると8%のままになる。新聞は生活必需品と見られて特別扱いになっている。
 中日新聞夕刊の呉座雄一先生の「名ぜりふで読み解く日本史⑦」が面白い。今年3月には三重県の『神皇正統記』で知られる北畠親房の城址を訪ねた。5月には青森近代文学館を訪ねて、北畠八穂と深田久弥の合作といわれる『津軽の野づら』の原本を拝読してきた。八穂は一旦は深田と結婚したが戦後すぐ別れて北畠の名前で作品を産み出してきた。青森市の北畠家の末裔は今日まで命をつないできたのである。
 北畠家の嫡男顕家は陸奥守に任命されて陸奥国多賀城に下向したとある。顕家は「自分には武芸の心得がない」と固辞したという。すると多分文才があったのだろう。それは何代目か後の八穂の児童文学に結んでいる。
 あの当時は今の青森県1県ではなく東北全体の国名だったらしい。古くはみちのくというのか。ウィキにも「現在の福島県、宮城県、岩手県、青森県。」とあった。別に「相当領域: 青森県、岩手県、宮城県、福島県、秋田県北東部」とも。
 中日新聞の記事では忠孝をテーマにするが理由は分からないとしている。先皇とは御醍醐天皇のことを指す。なるほど表題の言葉は強烈なほどの忠孝ぶりである。儒教の影響も考えられる。或いは「一所懸命」の語彙でググルと「一所懸命の土地 (いっしょけんめいのとち)は、中世日本において各々の在地領主が本貫とした土地であり、命をかけて最後まで守り抜く覚悟を持った土地をいう。」とある。忠孝よりは任務への意気込みを語ったのだと思う。
 忠孝でもう一人忘れてはいけない人が居る。三河の足軽・鳥居強右衛門である。家康への忠孝の見本として語られる。あるサイトには「忠孝を貫いて磔になった強右衛門を美化して、日露戦争に出兵した兵士の教育に使ったことを自慢したいようだ。 「坂の上の雲」に描かれた、消耗品のように兵士を注ぎ込んだ旅順攻囲戦でもそんな洗脳をしていたのだろうか。」とあるが、ある大企業の経営者(三河出身)は「君らは鳥居強右衛門を見習え」と入社式かなにかのスピーチで語ったそうだ。会社のためには命を捨てよ、というわけだ。それは忠孝の正しい意味ではないだろうに。
 当時は縄文文化の中で生きる東北地方の人々は天皇にまつろわぬ勢力であっただろう。制定を任されたことへの恩義と考えたかも知れません。呉座先生の『戦争の日本中世史』も立ち読みしてみるか。

 ぐぐって行くうちに的確な参考サイト「パックス・ロマーナ」がヒットした。「日本の「忠孝」思想は、儒教思想の異端である。」の全文は以下へアクセスすること。
http://kivitasu.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-4a24.html
「孔子曰く「・・・危邦には入らず、乱邦には居らず。天下道あれば則ち見れ、道なければ則ち隠る。・・・」(滅亡しそうな国には入らず、乱れた国には長くおらず、天下が治まって正しい道の行われている時には仕えて、正しい道が行われていないときには退いて隠れる)。何が何でも国のため、君主のために死ぬという考え方は論語にはない。」が本来のシナ人の儒教の教えになる。今のシナ人もまったく同じである。自国が危ないと知ると家族や財産を外国に移したり・・・。
 それに対して日本はどうか。
「日本における儒教の受容は、南北朝時代からすでに日本古来の宗教との融合が模索されていた。神儒一致の考えは、南北朝時代、渡会家行、北畠親房、忌部正通らによって始められ、」とあるから、シナとは違った形で受容された。表題の文にはやっぱり日本型の儒教が反映していたのである。

柿の秋逢へば必死の熊と人 金子伊昔紅2019年10月02日

北陸中日新聞の記事から

    クマ大量出没の兆し 県内9月目撃 昨年の10倍超
ドングリ不作 餌求め人里へ
 9月の県内のツキノワグマの目撃件数が、昨年同月比の10倍以上となる114件に上ったことが、県のまとめでわかった。9月に件数が増えると、10月も増加する傾向があることから、大量出没が予想され、県は注意を呼び掛けている。(向川原悠吾)

 県によると、九月の目撃件数が百件を超えるのは年間の件数が最も多かった二〇一〇年の百六十三件以来。一〇年十月は六百八十五件の目撃情報が寄せられる大量出没となった。今年の十月も今後、多くのツキノワグマが出没すると予想されている。

 今年は既に人身被害が相次いで発生した。九月二十二日には富山市万願寺で早朝、ウオーキング中の男性が茂みから出てきたツキノワグマに驚いて倒れ、尻を骨折。これを機に県はツキノワグマ出没警報を発令した。十月一日には黒部市宇奈月町の山林で、作業中だった北陸電力の社員が襲われて左腕をかまれた。

 県によると、今年は餌になるドングリが不作のため、人里に下りてきている。その結果、庭先などで育つ柿がツキノワグマを引きつけることにつながる。

 県の調査では、ドングリの不作により大量出没した年のツキノワグマの胃袋を解剖すると、45%が柿の実。一方で、多く実っていた年の胃袋の中は82%がドングリだった。

 今年のツキノワグマは山林を離れた住宅街にまで出没している。一日早朝には山林地域から数キロ以上離れた富山市宮保の住宅街で目撃されており、餌を求めた活動範囲が広まっているとみられている。

 県自然保護課は柿の実の早めの収穫をしたり、クマが多く出没する早朝の外出を控えたりするよう、呼び掛けている。

・・・・山岳会の例会でも登山の際に熊鈴を忘れないように注意喚起しました。名古屋近郊の猿投山でも熊が目撃されています。奥美濃の笹ヶ峰では五頭も見ました。内三頭は子熊です。母子熊は車に乗っていても襲ってきます。お互いに気をつけましょう。

過去の小屋番の山日記
http://koyaban.asablo.jp/blog/2006/11/30/977032
「熊の話 奥三河に熊出没 」

http://koyaban.asablo.jp/blog/2012/09/29/6587337
「クマ注意!瀬戸、豊田山間部に出没の可能性」
金子伊昔紅の句集『秩父ばやし』の中の「熊 三題」とする作品。(句集は息子の金子兜太(朝日俳壇選者)さんがまとめた。)
 子を連れて熊現れぬ山不作
 枝折りて柿挘ぐ熊に戸を閉す
 柿の秋逢へば必死の熊と人

歌舞伎「瞼の母」ノート2019年10月03日

 新生御園座の吉例顔見世が昨日から始まった。是非に観劇したいのが「瞼の母」である。滋賀県の番場の宿跡も歩き文学碑も見てきた。ストーリーは大体掴んでいるが見るのと頭で考えるのとは違う。
 松竹の歌舞伎美人から転載
「一、瞼の母(まぶたのはは)
 江戸時代も末の頃。やくざの忠太郎が、弟分の半次郎の家を訪ねて来る。実は、忠太郎は半次郎と共に、親分殺害の仕返しのため飯岡の助五郎を襲ったが失敗、今は追われる身。半次郎と一緒に逃げようとするが、対応に出た半次郎の母おむらと妹のおぬいは、半次郎を心配し、半次郎はいないと言い張る。半次郎のことを必死で守ろうとする母おむらの姿を見た忠太郎は、半次郎に堅気になるように言い残す。というのも、幼い時に母と生き別れ、その後、父とも死別し、生涯孤独の身の上ゆえ母への強い思慕の念を抱いているからであった。
 そこへ半次郎を追った飯岡の子分が現れるので、忠太郎はこれを斬り捨てる。そして、文字が書けない忠太郎は、おむらに手をとってもらい、この人たちを斬ったのは番場の忠太郎だと書き残すと、母を探しに江戸へ向かう。
 それから一年半後。江戸で母を捜し続ける忠太郎は、助けた夜鷹から母の手がかりを聞きだし、水熊の女将おはまの許を訪ねる。その身の上話を聞いたおはまは、忠太郎が自分の息子であることを確信する。しかし、今ではお登世という娘もいるおはまは、忠太郎に冷たく応対する。離れていると親子の情もなくなってしまうと感じた忠太郎は、悲しみの内に立ち去る。しかし、その姿を見て兄と気づいたお登世がおはまを説得して、ふたりは後を追いかける。荒川堤で忠太郎の名を呼び続ける母と妹。だが、忠太郎は物陰に隠れ、そのまま旅立って行くのであった。」
 ある人の観劇記も参考にアップ。
https://news.livedoor.com/article/detail/14007532/

小屋番の山日記から
http://koyaban.asablo.jp/blog/2015/03/22/7596135
美濃・近江の史跡を訪ねて

宗教法人の認証書受領2019年10月04日

 5月末に受けた宗教法人の規則改定の認証手続きが本日やっと終わった。県庁から連絡をうけて早速認証書を受領した。すぐに当該宗教法人にメールで届ける旨連絡した。末寺同士の押印は当然のことだが、宗教本庁との許可、それから県庁での許可の2重管理があるゆえに長引いたわけだ。良い経験になった。

 リニア新幹線問題で提言しておいた愛知県庁の担当部署から返信メールが来ていた。役所へのメールは大抵は無の礫になるがちゃんと読んで「参考にする」と書いてあったから珍しい対応である。静岡県からは何もない。多分川勝知事は内憂外患で混迷中であろう。内からは突き上げられ、外部からは早く着工させろ、と催促の矢が来る。苦慮のほどお察し申し上げる。
http://koyaban.asablo.jp/blog/2019/09/06/9150038

 10月中旬の戸隠山の登山計画書案を作成してメンバーにメール配信した。調べると思ったより手強い気がする。登山口に近い民宿ももう予約済で満杯の所が多かった。それに一万円オーバーの所がほとんどであった。主要なお客は関東方面が多く、長野新幹線でくるから乗り継いだバス停から近い便利なところから埋まる。当方は車なので少々不便でも良いと中心から離れたところを探ったら図星で格安の宿が見つかった。これで何とかまとまる。後は天気次第だ。宿を予約すると天気が殊の外気になるのはキャンセルもありうるからだ。テントだと気楽なものなのだが。

大村知事は四面楚歌?2019年10月05日

 あいトレの「表現の不自由展・その後」という確信犯的な展示が3日目に中止に追い込まれている事件。10/6~10/8に限定的に公開する予定だったが、WEBのNHKによれば「芸術祭の実行委員会と、コーナーの企画に関わったメンバーとの間では、展示方法などをめぐる協議が難航していて、愛知県は6日の再開は見送る方針」という。これだけケチのついた問題の作品群公開の再開は無理。
 これでは補助金不交付は当然であり、河村市長の質疑にも回答していない。名古屋市からの資金補助も出せなくなるだろう。そもそも昭和天皇のご真影を焼いて足で踏みつける動画などはどう考えても芸術とは言い難い。知事を擁護するばかりのメディアと同調者、支持者がいるが収拾できないと手のひらを返される。まさしく四面楚歌の状況にはまってゆく。大村知事は責任をとって辞任してもらいたい。

 気になるニュースでは山梨県道志村の7歳の女の子の行方不明の事件がまだ発見に至っていない。9/28には当方も参加してみたが地形が険しく山中で迷うことにならならないと思う。むしろ誘拐説に傾き始めた。親の人間関係で憎悪をもたれることがなかったかどうか。すでに調べているかと思うが。

 俳句会向けの鑑賞文1本と中経向けの山の文1本をまとめた。10月に入った今も暑いままに過ぎるが夏よりははかどるようになった。少し寝かせて読み直し、書き直ししてから送信することとした。

小倉美咲ちゃんの捜索打ち切り 道志村2019年10月06日

 報道によれば捜索から16日目の6日までに延べ1700人も投入したにもかかわらず発見に到らなかった。本日を以って捜索打ち切りが発表された。悲しいがやむを得まい。
 公共の機関が税金で探し続けるわけには行かない。今後は民間の無償ボランティアの出番になるだろう。しかし、どこをどう探すのか。林道はともかく、山の中は藪山登山の心得のない素人衆は近寄らないほうが良い。地形が急峻で崖になっているし、加入道山への破線路のある登山道も登山口の表示すらなく、踏み跡もなく、整備されていなかった。
 加入道山と大室山は道志の湯からいい道がある。椿沢の林道のヘアピンカーブの尾根に小さな案内板があるのみだった。しかし急登を強いられるだろう。ボランティアで捜索する人は藪山登山の心得で地形図を読み込み、装備をしっかりし、ツエルトを持参し、ヘルメットも着用するなど、二重遭難にならないように注意して欲しい。
 秋山は日没も早く、夜は冷え込む。大室山周辺はブナが豊富で、熊も生息しており、捜索ボランティアの人が被害にあっている。熊は人間を食べることもある。捜索側の人だけで3件、報道側で1件の二重遭難が起きている。慎重な対応が必要である。
 そして、少しだけ関わった見聞によれば、7歳の女の子の身ではおそらくこんな険しい山には向かわなかったように思う。誘拐説も出ている。誘拐なら生存の可能性もある。両親は希望を失わないで欲しいものである。

仕事の紹介のお礼は仕事で返したい2019年10月07日

今朝は名古屋市郊外にある宗教法人様の規則変更手続きが終わったので認証書を渡すことと報告と集金で行ってきた。宗教法人は愛知県が許認可権を持っており、認証をする。場合により登記もあるが今回は無かった。5月末の受任なので4ヶ月一杯はかかった。
 末寺とか、組寺とか、特殊な用語を知った。宗教本庁、東海地方の管轄などのネットワークから判子をもらうだけでも大変な手間がかかる。依頼主が末寺から判子をもらい、私は県庁に申請し、担当者の指示を受けながら書類を調製する役目をになった。いい経験になった。
 この案件を紹介してくれた税理士事務所へ菓子折りを持って謝礼に赴いた。所長は不在だったが担当のM先生らが応対してくれた。今後もよろしくとお願いした。この事務所との縁も実は山岳会のS氏との交流から派生している。
 4年前にもS氏の息子さんで司法書士のSさんから建設業許可の紹介をいただいた。この元の話もこのM税理士さんからだった。S事務所へ行くと長い急な階段を登る。訪問するといきなり「さすがは山屋さんだ、息を切らさずに階段を登ってきましたね。大抵は階段の途中で一呼吸おいてから登ってくるんです」とごあいさつされて大笑いした。
 人間は色んなところでつながっている。S司法書士には昨年相続登記の仕事を振ってお礼とした。仕事のお礼は仕事で返したい。しかし税理士さんへのお礼(仕事の紹介)は中々なさそうだ。相続税を払うようなお金持ちの相続手続きに当たればその時はここへと思う。夕方はメディア関係者と一杯やった。仕事を離れて山の話題に終始した。良い息抜きになった。

河村市長が座り込みで抗議2019年10月08日

不自由展、2カ月ぶり再開 入場制限60人、抽選に1300人
https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019100990002433.html

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、戦時中の従軍慰安婦を象徴する少女像などの展示に抗議が殺到し、8月1日の開幕から3日で中止となっていた企画展「表現の不自由展・その後」が8日午後、愛知芸術文化センター(名古屋市東区)で、1回につき30人に限定したガイドツアー方式で再開された。初日は2回実施。計60人の定員に、延べ1358人が抽選に並んだ。企画展は、トリエンナーレが閉幕する14日まで続く。

 企画展は、少女像のほか、昭和天皇の肖像をコラージュした版画を燃やす場面がある映像作品などの展示に抗議や脅迫が相次ぎ、中止された。県が設置した外部有識者の検証委員会が9月下旬に早期再開を提言し、芸術祭事務局と企画展のメンバーが安全確保策を協議して再開にこぎつけた。

 入場者を少人数に限定した上、財布などの貴重品を除き荷物の持ち込みを禁止した。入場者は入り口付近で、警備員による金属探知機のチェックを受けた。作品の撮影も禁止。ただ、9日以降は、会員制交流サイト(SNS)に投稿しないとの誓約書に署名した上で認める方向で検討している。

 芸術祭事務局によると、出品した美術家らの要望を受け、展示場所や作品の見せ方は原則、中止前と同じ形式とした。

 ただ、会場への通路には新たに、芸術作品をめぐる表現の自由や検閲に関し、さまざまな意見があることを紹介する解説パネルを展示。中止や再開について考えてもらうようにした。

 9日以降のガイドツアーの回数や実施時刻は、トリエンナーレのホームページで告知する。

 展示再開に対し、初日の8日は午後5時までに、事務局や県庁に計200件の電話があった。大半は企画展への抗議だったという。

 会場の外でも展示再開に反対する人たちが抗議。河村たかし名古屋市長も加わった。

 名古屋・東署は、付近の路上でプラカードを持った女性にけがを負わせたとして傷害の疑いで名古屋市瑞穂区の男(51)を逮捕。センター内の売店で商品の瓶を割ったとして器物損壊容疑で、横浜市中区の男(50)を逮捕した。(中日新聞)
以上
・・・・河村市長が再開に抗議の座り込みを挙行。
 私も午後遅く会場入り口まで行ったが、熱気むんむんで何事があったのか、と思うほど人が溢れていた。入場待ちの人らは座り込んで待機していた。記事のように60人と入場制限があるためだ。
 会場の外では報道関係者が芸術作家らしい人物2人を囲んでインタビューしていた。韓国のメディアらしい人はカメラに向かって朝鮮語で何か録画撮りしていた。今回の報道用の録画であろう。
 今回はあいちコリアンナーレというコメントを見たが、確かに「不自由展・その後」では韓国色がある。大村知事の出自も母が韓国籍と判明してしまったから納得の内容になった。
 津田監督の描いた通りの展開になっている。つまり騒がれたことで観客動員力は加速した。しかし、大村知事の「その後」は知事の地位を追われることになるだろう。

「親をたづねる子には親を、子をたづねる親には子をめぐりあわせ給え」長谷川 伸2019年10月09日

瞼の母ノート
http://koyaban.asablo.jp/blog/2019/10/03/9160852

沓掛時次郎の歌詞の ♪浅間三筋♪とは
http://koyaban.asablo.jp/blog/2017/04/18/8492067

 新生御園座で長谷川伸の名作「瞼の母」を観劇してきた。第五十回記念 吉例顔見世」の一幕見席2000円を試みた。あらすじを知らない物語はパスして観たい名作のみを観劇する。
 19時に開幕。劇は筋書き通り進む。最高潮は水熊のおはまの居間で忠太郎と対面する場面。セリフがバトルする。

おはま「親子の名乗りがしたかったら、堅気の姿で訪ねて来い」

忠太郎「笑わしちゃいけないぜ、親にはぐれた小雀が、ぐれたを叱るは無理な話よ、愚痴じゃねえ、未練じゃねえ おかみさん 俺の言うことを良く聞きなせえ 尋ね尋ねた母親に倅と呼んでもらえぬような こんなやくざに誰がした」

忠太郎「何が、今更、忠太郎だえ 俺のおっかさんは、俺の心の底にいたんだ 上と下の瞼を合わせりゃ 会わねえ昔のやさしいお母の面影が浮かんでくらあ 逢いたくなったら 俺あ 瞼を閉じるんだ。」

忠太郎「逢わなけりゃ良かった 泣かずに済んだ これが浮世と言うものか」
 閉幕は20時40分頃。結構長かった。一幕見席は2階の最上段にあり見下ろす感じで、役者の表情までは感じ取れない。しかし、役者の動きはかえってよくわかる。私は舞台に向かって右端だったが、中央には白人のお客が団体で観劇を楽しんでいた。義理と人情、意地、忠と孝の世界が分かるのかなあ。
 隣の男客は歌舞伎通らしく、盛んに屋号で声援を送っていた。
 番場の忠太郎は中村獅童で屋号は「萬家~」
 水熊のお浜は片岡秀太郎で「「松嶋屋~」と。

参考:佐藤忠男『長谷川伸論』。渡辺保『歌舞伎手帳』

サポート人材交流会へ参加2019年10月10日

 10月10日は午後からサポート人材交流会へ参加。申し込みは4社だったが競合が多いのか1位と4位の会社は面談できず、2位と3位のみになった。しかも申し込み3位の会社が面談では1番になるなど当局も調整に苦労した跡が伺える。
 14時きっかりに金融機関と当局のあいさつが開催。14時10分から企業側と面談者が面談を開始。私は14時40分からとなった。得意分野の経理財務でノウハウを発揮できる機会を得られれば幸いである。
 最初の企業さんは中堅管理職の人で経営課題と私の経験とのすり合わせを話ししながら進行した。合致したのは企業にすでに取引のある税理士さんへの不満を聞き出せたこと。いわゆる税務会計への疑問である。法人税法上の納付額を算出するだけの税理士では会社経営に役立たないと気が付いている点で意見が合致した。
 私の勤務先でも20歳台の勤務先では税務会計だった。法人税の計算は会社員として処理していた。そう難しい仕事ではない。いまはみな倒産してしまった。勤務していたころは資金繰りに追われて如何に倒産しないかに知恵を絞った。
 一方で、30歳から60歳まで勤務した会社は管理会計で発生主義できちんと仕訳していた。しかも高収益である。無借金経営で銀行に依存しない体質の立派な会社であった。ここでは如何に高収益を維持するかがテーマになった。ちょうど電算機にデータを移管する過渡期に当たりPCのソフトにつないだところで定年退職した。定年後も会計のみに絞って契約してくれて会計ソフトに精通できた。
 中小企業はあらゆる仕事を振られるからいい勉強になったと言える。ところが当該企業さんの要望は公認会計士か税理士、大企業の経理経験者を要望。ここがミスマッチした。
 難関の国家試験にパスしたから何でも対応できる能力を保証するわけではない。また大企業の経理経験者が幅広く対応できるかは疑問がある。面談の担当者がそこに気が付いてもらえるかどうかは微妙なところだ。