一日相談員2019年09月11日

 成年後見制度や相続、遺言書の法律相談会を開催した。ある地銀の支店の応接間を提供されてチラシで募った相談者の相談に応じる。これで5回以上はやった。
 朝早くバスで支店のある地区へ移動。自転車でも良かったが参考書籍があり荷物が2個のためにバスにした。地下鉄の連絡が悪いのでバスのみになった。最寄の地下鉄駅もあるが支店へは坂道を歩かねばならない。
 午前9時過ぎに最初の女性の相談者と面談。老親の財産管理全体にかかる心配事の解消である。まだ認知症かどうかまでは把握されていない。しかしこの9月には父を老人施設に入居させたと申し訳なさそうに話された。母(妻)の手に負えなくなったらしい。そこで両親とも入居する事態になったという。すると自宅は空き家になる。
 まずは成年後見制度の仕組みから解説。法定後見と任意後見の違い、類型の意味など。60分たっぷり話して帰られた。まだ聞きたそうなので連絡先を書いてもらい、アフターにも対応することとした。
 二番目の男性は遺産分割の心配事である。しかし3人兄弟(相続人)で均等に分割するものの未精算の金融財産や土地もあるので弟等に盗られないか、という心配。聞くと父の死後遺産分割協議をしていないと分かった。銀行が父の死を知る前に金融財産をみな引き出してしまったらしい。
 要するに遺産分割の途中なのである。しかも通帳のコピーを送ってきたのを見せてくれたので悪意はないですね、とアドバイス。土地の保有、売買にはおカネがかかるし、山林の相続の際には境界の測量費もかかる。それで簡単には進めないと考えられた。山林は相続しないというのだが無関心では居られない。もし山林が高く売れたら自分はもらい損ねたことになる。司法書士も付いているので単なる心配事の様子。
 午後は相談者は無く、15時の閉店をもって支店を出た。するとすぐ大粒の雨が降ってきた。蒸し暑い外気だが降るなら降ってくれると少しは涼しくなる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック