名大学長松坂佐一のことども2019年09月10日

 朝6時台は気温は少し下がったとはいえ、直射日光が照りつける道を歩き出す。冷蔵庫で冷やした濡れたタオルをポリ袋に入れて汗を拭き拭き、朝一で地下鉄に乗る。もう座席は埋まっている。
 クラブ愛知の集会に出席する。早朝7時からホテルの朝食を食べながら愛知大OBのゲストスピーカーを呼んで話を聞く。今日は不動産屋で成功した若いOBだった。不動産業は成熟産業なので隙間の需要を取り込みながらの情報サービス企業である。それなりに成功をしたらしい。
 スピーチが終わるとOBからの任意のエピソードの時間になった。新趣向である。一番手の昭和29年卒業という大先輩の某氏の言葉がいたく印象に残った。表題の松坂佐一(明治31(1898)年~平成12(2000)年)のことだった。
 松坂佐一はウィキにはこう紹介されている。岡山県倉敷市の生まれ。「小学校を卒業後上京し、東京府立第一中学校、第一高等学校を経て1923年東京帝国大学法学部卒業。京城帝国大学教授(昭和5年)、愛知大学教授(昭和21年)、名古屋大学法学部教授(昭和24年)、名古屋大学総長(昭和34年)、NHK経営委員会委員などを歴任し、晩年は研究の傍ら弁護士としても活躍。」とあるので一応愛大教授を務めたことは分かる。
http://nua.jimu.nagoya-u.ac.jp/upload/news/20/68ba1a55e62582f2a38c3930b393522f.pdf
 ネット検索で深掘りすると、名大法学部独立に寄与したとのことが「名大史」から分かった。学長としては1959(昭和34年)から1963(昭和38)年。ちょっと名大史から引用すると、愛大教授をやりながら名大法経学部設置に尽力したのである。名大は帝大だったが理系のみで文系はなかった。
 戦後は上海にあった東亜同文書院大学の教授と学生を継承した愛知大が旧制で法経学部を設置し中部地方の大学で初めて法学教育に乗り出した。外地の台湾の台北大学、朝鮮の京城大学からも引揚者が合流したらしい。このスタート時に教授として迎えられるのは自然な成り行きだったと思う。松坂氏は47歳になっていた。家族を抱えて大変な戦後を過ごしたことは想像に難くない。国立名古屋大学法経学部は数年遅れてスタートしたのである。
 先輩某氏の話には松坂氏に大変親しみを感じていたことがわかる。なぜならば名大に軸足を移しても愛知大の教授としていてくれたというのだ。中々聞けない貴重な話だった。
 その後、M女史のインストラクターに体力測定をしてもらうと、体力年齢は57歳と出た。ただし、肥満気味とのこと、また内蔵脂肪が多めらしい。道理で動きが悪いはずだ。糖質制限をしなくっちゃね。
 若い弁護士のMさんや司法書士のYさんらと山の話をして別れた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック