新聞の無い月曜日2019年09月09日

 朝習慣的に新聞を取りに行く。あれ、ないぞ、あそうか、今日は休刊日だった。活字人間の自分としては落ち着かない朝になる。今日もベランダの窓を開けると生暖かい。今日も暑いぞと覚悟する。
 事務所へは行く前に散髪を済ませた。公正証書遺言の段取りに入るが冷房がきいてくるまでは頭がぼうっとして集中力が散漫になる。冷えてくるまでネットのニュース、他で気を紛らわす。
 ネットでニュースを拾うと結構あるある。台風15号の爪痕は東海地方の三重県北部に水害をもたらしたが、関東でより大きかった。またしても太陽光電の施設が損害をうけた。自然破壊であり、危険な施設である。
 日韓関係は悪化する一方になった。週刊ポストの最新号では日韓関係を特集。今日の関係に至るまでの経緯を解説するが、歴史を後世が裁いても仕方ない。後講釈ならだれでも言える。その場その場の判断である。
 今日の日韓関係は例えれば協議離婚と同じだ。頭を冷やしてドライに割り切って別れ話を進めることになる。かつて日本(夫)が貧しい朝鮮(妻)を娶ったものの、それまで生活習慣や文化が違いすぎた。アジア人同士なら合うだろうと思ったが分かり合えなかった。随分利益になることもしてあげた。しかしありがた迷惑だったのだ。欲しくも無いのに無理にほら、これ良いだろうと、鉄道や学校(教育)、植林、ダムなどを無理やり与えられた。妻(朝鮮)としては子供を産まされたような被害者意識が強い。事実朝鮮人に国家運営は無理かも知れない。
 日産の西川社長の辞任が決まった。日産は昔からよいリーダーに恵まれない会社だと常々思う。国策会社は血縁関係が無いので、古くは日本興業銀行から社長を送り込まれたし、失敗すると格下のルノーからゴーンが来たが、カネに汚い人物としてボロを出した。西川社長は後釜としてまとめ切れなかった。人望のある経営者が出て欲しい。
 N国の立花孝志氏が脅迫の疑いで調べられたらしい。何でもN国で当選した東京都中央区の二瓶親子との間のトラブルで脅迫まがいのユーチューブの文言で二瓶さんが被害届を出したという。警察は被害届が出れば事情聴取に動かざるを得ない。マスコミは事情聴取の前に騒ぎ始めているのでリークがあったとか。要は快進撃を続けるN国を叩こうというのだ。
 マスコミには政治家の子女が多数就職している。というよりマスコミとしては人質みたいな存在であろう。政治家自身にことが及んだ際、マスコミに不利な法改正がある際に相互に助け合うことができる。世界の情報が入ってくるから政治家には貴重な情報源になる。持ちつ持たれつだろう。立花さんみたいに柵(しがらみ)の無い政治家は思い切った政策が打ち出せるから叩いておきたい勢力がいるのだろう。
 それにしても二瓶親子も良い度胸である。N国人気だけをちゃっかりいただき当選するとハイさいならと連絡を絶ったというのだ。しかもカネも納付しない。そりゃ立花さんも怒るわな。彼ら以外にもまだ2名ほど除名の党員がいるらしい。議員報酬1300万円をゲットするだけがネライだったのだ。お主も悪よのう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック