県庁へ2019年08月22日

 依頼先からの宗教法人規則変更の書類が整ってきたので県庁へ出向いて点検を受けた。提出書類2点の不足を指摘された。さっそく様式をカスタマイズして依頼先に送信。記名押印してもらえば揃い、受理される運びとなる。
 6月初旬以来ずいぶん時間がかかったのは近場の関係者と統括本部の印鑑をもらうためのエネルギーが半端じゃない。内容的には考える要素はなく県の規則の流れに沿うだけのものとはいえ、法人といえども一旦動き出すとそれは虚構上の生き物なので内容が形骸化しないように整えることになる。住職の死亡、廃寺などなど時代の変化は微に入り細に入り動く。その片鱗のサポートである。
 夕方はボードクライミングの見学に出掛けた。このところ山岳会の若手を中心に数名がOMCビルのサムズアップでトレーニングしている。ところが今日はボードの改修の工事とかで休業であった。