西穂山荘から天狗のコル2019年08月11日

 朝3時、相棒はもう起床していた。売店へ移動して朝食代わりの弁当をとるがあまり食欲はなくおにぎり1個のみ食べた。そのうち、JACのOさんが名乗って私にあいさつされた。同じ委員会のメンバーであり、奥穂へ向かうという。彼らはさっさと弁当を食べて出発していった。早いパーティは2時半に出発、続々とヘッドランプが続いていた。山荘前の賑わいが途絶えたところでようやくこちらロートル組は4時30分に出発した。もちろん「まだへっとランプが要る。早目に出たいがどこかでもたついて邪魔になることへの忖度もある。
 丸山、西穂独標、西穂までは一般登山道を行く。山頂が近づくと登山者の往来が増えてきた。鎖場では登攀と下降組で譲り合いになる。登山者が多いとそういうことになる。団子になってゆくともっともたつくだろう。
 さて、約3時間で西穂に到達すると、すぐに下降が始まる。ストックを畳んでパックする。鎖場になるのでスピーディには行かない。慎重に下降する。間ノ岳、天狗岩、天狗の頭を登攀したり、下降したりを繰り返す。緊張で喉がカラカラになるのでしばし休憩を入れて水を飲む。カメラ撮影は余裕がなく1枚も撮れなかった。
 実は検索すると8/11に上高地から西穂山荘へ登り、私たちを追い抜いてジャン、奥穂、岳沢小屋、上高地と1日でトレースした韋駄天が居ました。その人の写真の時刻ではヘリが飛んできたのは10時過ぎでした。天狗のコルへは10時49分と記録。われわれは12時過ぎですから抜かれてしかも1時間以上早いペースで歩いています。
 我々は天狗岩付近から奥穂の遭難者を救助体制にあるヘリを見ています。韋駄天氏らの写真では山名板のない頂上を天狗の頭としています。われわれはここはどこなんだろうと、訝っていました。結局天狗の頭だったんですね。しかも韋駄天氏らは西穂から2時間30分で到達。我々はコルに着くのが12時過ぎですから4時間はかかった。すると天狗の頭は1時間引いても4時間かかった。圧倒的な彼らの登攀力に舌を巻く。
 岩稜の連続のみならず、脆弱な岩質、へつり、垂直の鎖場、ナイフリッジ、直射日光をまともに受けながら、緊張で乾いた喉を飴でごまかすがかえってねばついて飴が溶けなかった。
 それでも60代後半のロートル組2人は天狗のコルまでは辿り着けた。ここでは初めてルートの選択ができる。前進か、エスケープか。12時過ぎであり、ジャンにはガスが立ちこめる。遭難者の救助でホバリング中のヘリもガスが晴れないとみて引き返していった。結果、奥穂の小屋まで後4時間というか、午後5時になってでも行くか、どうか。2人で検討した結果、岳沢小屋へ下る方を選択した。相棒がかつて岳沢小屋から往復したことがあったことも心強い。
 前途変更を決心するともう気楽な気分になり1時まで大休止。どんどんガスが湧いてくる。これは靉靆というのだろう。
 13時過ぎ、左手の倒壊したコンクリートで補強した小さな避難小屋を見た。がれきの急斜面を下降する。地図上では廃道で破線路は削除されているが、白いペンキの〇印と矢印でしっかり残っている。とはいえ、浮石の連続で歩きにくい。岩雪崩を起こさないようにゆっくり踏みながら下降する。下部では傾斜も緩んで道型が出てきた。ガスは少しぽつりと来たが降雨ということではない。幸い雷雲の活動は収まっている。
 意外にも前から2人パーティーとすれ違う。クライミングだろう。やがて草付きの尾根上の斜面に乗りストックを出してペースを上げる。地形図では間ノ沢と天狗沢の間のわずかな盛り上がりに見える。草付きになるとシモツケ、フウロソウ、キンバイ、トリカブト、アザミなど多彩な高山植物の群落になった。そしてまた意外にも後方から軽装のクライマー2人に抜かれた。聞くとジャンから下ってきたという。
 草付きの緩斜面から天狗沢を横切り、無名の小沢を横切る。そして長い草付きの斜面をたどると岳沢小屋が見えてきた。 (多分)、コブ沢を横切ると小屋に着いた。約3時間で16時を回った。一方で韋駄天氏らは16時38分に河童橋にゴールインしたそうな。
 小屋ではまず缶チューハイ1本を仰ぐように飲み干す。そして静かな山荘の生活になじんでいく。とても良いロケーションの小屋である。乗鞍岳が素敵な姿で見える。近くには六百山を従えた霞沢岳がやたらに大きくそびえる。背後は西穂からジャン、奥穂、前穂、明神の岩峰の大伽藍である。
 気になる天狗のコルから奥穂へは他人の記録では最大の難関ルートでありロープを出す場面もあるとか。

記録
https://visitmatsumoto.com/tokotoko/%E8%A5%BF%E7%A9%82%E9%AB%98%E5%B2%B3%EF%BD%9E%E5%A5%A5%E7%A9%82%E9%AB%98%E5%B2%B3%E3%80%81%E5%B2%A9%E7%A8%9C%E7%B8%A6%E8%B5%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E8%B8%8F%E7%A0%B4/

トレイルラン
遥かなる穂高の呼び声 西穂~ジャン~奥穂~上高地 周回
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1967695.html