死んでゆく覚悟で飲みし生ビール2019年08月04日

 EVで居合わせたKさんに聞くと隣人の死去は本当だった。私と同年齢くらいで理事会でも顔を合わせて意見を述べられた。7月中旬、山に行っている間に亡くなり、EVの扉に掲示されたらしいが帰宅後はもうはがされていた。
 別人からちょっとあの人って亡くなったんですってね、と知らされたが確信はなかった。Kさんは葬儀にも参列されてお別れされたのだから間違いはない。
 5月の句会の後でお食事をというので俳句仲間を案内したら、その店に美味しそうに生ビールの大を傾けている人がいた。顔を見るともなく見ると隣人だった。「やあ」とあいさつ。「今、癌の手術で退院したばかりなんですよ」とのたまうのでびっくりさせられた。術後にアルコールは厳禁なはずだがと。
 あれから1ヶ月半で隣人は死去されたのだった。禁断のビールが死に水だったのだろう。今はそう思うしかない。独居でいわゆる孤独死だったが理事会の役員のネットワークのお陰で発見が早かった。それで騒ぎにもならなかった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック