孤独死の現実2019年08月02日

  暑い暑い。にもかかわらず汗拭きを忘れた。植田駅前のコンビニに入ると何と500円前後もする。となりのドラッグでも600円はする。高いので何か汗拭きになる布切れはないか物色したら、おしぼりが見つかった。5本セットで200円だった。ふうっ、これで汗をぬぐえる。
 その後、栄から黒川駅経由で汗を拭き拭き、中日信金でのシニア面談会に出席。なんとかご縁を得たいものです。約30分弱でミニ面談を終了後、名鉄清水駅から栄、上前津を経由して植田駅にとんぼ返り。
 天白図書館の集会室で孤独死をした人の遺品整理を専門にするT先生の講話を聴いた。これが単なる遺品整理ではなく、法的な裏付けのあるもので今後はこのT先生の考え方や進め方が標準になってゆくのではないか、と思う。
 例えば、故人に負債があると知らずに遺品整理(財産として換金)すると単純承認になり、故人の負債を抱えることになる。さらに、新婚時は妻側の親が賃貸住宅の借主の夫の連帯保証人になると、その後離婚、夫は賃貸住宅で孤独死した場合、連帯保証人には家賃の延滞のみならず、遺体の腐敗で住宅が極度に傷むと修繕費が加算される。約600万円弱もの事例にぞっとさせられる。
 娘が離婚した場合は連帯保証人の関係も解消しておく必要がある。娘が死亡した場合も同じ。姻族関係も解消して置くことだ。
 その他、孤独死する人は生活保護世帯であったりする。高齢者で年金生活者の場合は子が死亡を確認しないこと、DVを恐れて疎遠になっているなど人生の地獄をさまようような事例を見る。
 幸福とは何か。幸福ではなくとも不幸に陥りたくはない。その為には生活技術、人間関係、など見直す必要がある。意義深い研修であった。