日進市の白山宮に参拝2019年05月10日

 久々に気持ちの良い朝。北風があるのでさわやかである。日進市の白山宮へ参拝のポタリングに出掛ける。名古屋市境を一歩出ると田園風景が一気に広がる。この開放感が良い。天白川沿いに走るとまだ田んぼに水が入っていない。牛糞が積まれているから田を鋤くのはこれからだ。
 白山宮に着いて鳥居の前で一礼。階段を登る。本宮の後、合祀の末社にも参拝。その後で、足王社に参る。ひざ痛の神様である。下山後、次々と参拝者が登って行った。結構な信仰者が居るようだ。
 その後、行きつけの喫茶店で一休み。原駅の眼鏡店に寄る。かねてより、常用の眼鏡が壊れそうなので新調した。普段使いの度の弱い調整のままである。眼鏡店の記録を見たら1988年に調整していた。ずいぶん長く使ったものである。古い眼鏡も溶接できればしてもらう旨依頼した。
 次は布団干しの際に落とした枕の回収の仕事があった。1階下は無住、2階下も長期無住であった。ところが2階下のベランダに布団が干してある。自宅に戻り、管理人室で、階下の住民の電話を教えてもらう。事情を話すと気持ちよく回収してくれた。たまたま外国から帰国していたらしい。来週中にはまた日本を離れるという。色んな住民が居る。
 もう一つ力仕事が残っていた。ジャッキでボディをアップしてはめかえる。汗を流してやっとスタッドレスタイヤから夏タイヤに交換した。4/27から5/6までは青森へのロングドライブで途中豪雪地域を通過するので用心してそのまま走った。その心配は無用であった。