近江湖北・賤ケ岳を歩く2019年04月19日

 朝6時30分金山駅前を出発。東別院ICから関ケ原ICで出て、R365を木之本へ。R303から県道284へ入り丹生へ行く。空模様が芳しくない。伊吹山も霞んでいる。
 神又峰は田戸というところへ車で入山する予定でしたが、手前で通行止めでチェーンがあり、Uターン。県道入り口の工事現場事務所で聞くと、今年3月になって、県道を拡幅する工事に着手して、今回の通行止めになったようです。天気は今にも降りそうな感じでした。
 高時川の廃村・小原付近に堰堤を築堤して、高時川ダム後に丹生ダムを建設する予定でした。相当に工事は進んでいたが平成28年にダム工事が中止されました。今年2月には田戸へ行けたのに、工事再開で行けなくなりました。
 行く先を賤ケ岳に転戦することとして、余呉湖に行き、尾根の端から登り始めた。足元にはスミレ、イカリソウが咲き、新緑の林がとてもよかった。小鳥も良く鳴いて賑やかでした。
 山頂には桜の古木があり美しい花を咲かせている。心なしかうすずみ色である。
 山の上は芝が張ってあり、公園さながらでした。琵琶湖、余呉湖を両方に眺められる贅沢な山上公園でした。山本山へも縦走できるようですが今日はここで満足した。山頂には名古屋市高年大学金鯱学園の生徒3人が登ってきました。6月に40人でハイキングに来る下見とか。
 下山は大岩山へ戻ってから車道へ中途下山しました。幸い雨には降られず、余呉湖の渡り鳥はほとんど帰ったようで少なかった。足元では菜の花が美しいじゅうたんの様でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック