ハクモクレン咲き初む久屋大通り 拙作2019年03月05日

 昼過ぎに丸の内へ。植田駅前のインド料理店「プ-ジャ」からぷーんとカレーの香りが漂う。ついふらりと入ってしまう。ナン、ドリンク、カレー、野菜、スープなど1式で850円也。
 事務所から書店へ。そして久屋大通りへ出ると、栄の中心にある交差点のハクモクレンの白く清楚な花が上向きに咲きかけている。まるでハスの花にも似ている。咲き切るとだらんとなるから今が見ごろかも知れない。いやでも春を感じる。
 夕方はまたJACルームへ。少し早過ぎたので夕食で時間をつぶす。今夜も洋食になってしまった。上前津からルームに行く際にやはり洋食屋さんの仕込みのにおいだろう。12日間煮込んだデミグラスソースがウリらしい。ときどき無性にオムライスを食いたくなる。値段をチエックして入る。10卓もない小さな店だが清潔感がある。オムライスに野菜、ポテトなどが一皿にもられてでてきた。美味しかった。これで1000円。
 ルームでK氏の聞き込みをする。派手な初登攀記録はなかった人。長期に亘り、ひたすら愛知岳連のトップにたち引っ張って来た。28歳で富士山の岳連氷雪技術講習会に参加した際、2日目の夜それぞれのテントを回って、「今日だけで4人も滑落死したんだぞ、酒飲んでる場合か」と檄を飛ばされた。岳連の捨て石になった。
 愛知県からは1名も死者を出さずに済んだが、負傷者はあった。ピッケルは刃物だから扱いが難しい。4名の死は翌日の新聞の1面に大きく報じられた。山梨県警は以降氷雪技術講習会での入山を禁止した。
 氏名をググると、インドヒマラヤに遠征していると知った。多分晩年であろう。盟友Y氏が追悼文を書いている。約2000字ほどだが埋まるような気がしてきた。