鹿の角拾えばピイと鳴くなめり2018年11月03日

 11/2夜から11/3にかけて奥美濃の笹ヶ峰(ロボットまで)行って来た。今夏の沢登りでの登山は諦めてヤブ尾根覚悟で行った。
 この界隈の山の名には丸が付く。北から焼小屋丸(笹ヶ峰)、夏小屋丸1294m、ヨセン谷丸(大河内山)1288m、美濃俣丸、バンドー丸、金ヶ丸(三周ヶ岳)、夜叉ヶ丸。ロボットには名前がないので通称ロボットで知られる。
 今ではバイブルとなった『秘境奥美濃の山旅』のP128の「笹ヶ峰」には「日野川の奥深く、濃緑の谷間から望まれる、柔らかいライトグリーンを敷き詰めたような山なみを、流域の人々はいつのころからか「笹ヶ峰」と呼んでいる。
 五万図<冠山>ではそれは1285mの三角点の山に冠せられた名前であるが、、土地の人々は、美濃俣丸をも含む、笹ヶ峰周辺の越美国境稜線を総称する」と定義した。
 今夏は沢から挑んだが跳ね返された。
 それで秋山に再度挑戦した。日の短い時期にこの山はなあ、と思ったがこのところ行けていないので思い切って同行した。 
 私が初めてこの山域に入ったのは約30年前の30歳代のこと。4月初旬に街道の尾の道からスキー登山で美濃俣丸に登ったのが最初だった。続いてGWの連休に70歳代の老兵と身体障害者の2人を誘った。日帰りは無理だったからロボットまでツエルトなど露営1式をボッカした。翌朝、笹ヶ峰を往復、大河内山も往復した。下から追いかけてきた登山者が美濃俣丸まで行くと言って抜いて行った。
 あの頃の大河内はまだ廃屋があり、分校も残っていた。旧住民もいて話を伺ったこともある。
 今回は広野ダムの一角でテントビバーク。オリオンの盾が鮮明に見えた。羽毛のシュラフにもぐり込んでもすぐに明ける。ぬくもりの恋しさを断ち切ってテントを出た。道路はきれいに整備されて問題ない。大河内まで無難に入山。
 登山口には新たに白谷山1050mの札があった。ぬるぬるの滑りやすい木橋を渡る。杉林の中の道を黙々登るとブナも増える。黄葉は中腹以上のブナが良かった。ブナの幹には鮮明な熊の爪痕があった。ガリガリと爪で縦に引っ掻いた痕もあった。尾根の北はまだ青々としていた。急な尾根には落葉も積もっていたから滑りやすい。
 今夏の722m付近までは無難に登ったが、段々ヤブっぽくなった。それでも登りは高みを目指せばいい。ストックもかえって邪魔になる。相棒が下山の目印に赤布を付けてくれる。1050mの等高線を越えると尾根は広くなる。踏み跡も薄くなる。1090mから一旦下って広い所にはヌタ場があり獣の足跡もある。獣臭が終始ただよう。秋山の発酵したような臭いもする。又尾根が細くなる。ロボットらしいピークが見えた。少し先で登頂の喜びの声が上がった。
 ロボットの頂上である。実に30余年ぶりに奥美濃の大パノラマを目にした。次々と山岳道定して楽しみ時間が過ぎて行く。先述したようにロボットでも笹ヶ峰に行って来たことになる。ここで充分な気がする。
 こうして眺めるとすべてとは行かないもののもう登りたい未踏の山は無くなった。あれほどあった未踏のストックが今はもうない。
 すると関東、東北、北海道、九州、中国、四国へ行かねばならないが、そんな余裕もカネもない。結局は近場の既登の山の沢登りか残雪期の尾根のスキー登山である。
 メンバーが変わり、季節が変われば違う山の味がする。
 下山は赤布のお陰であっという間だった。折に触れてふりかえるとロボットが遠ざかってゆく。遥かなる笹ヶ峰の一峰。
 722mを過ぎて鹿の角を探しながら下ったが見落とした。置いて行っておくれということだったのだろう。小さめの角だから若い鹿だろう。メスの獲得合戦に敗れたのだろうか。獣の世界も生存競争が厳しい。
 車に戻ると一安心。帰路、Yさんの出作り小屋を見たが車がなくもう山を降りたのだろう。広野ダム堰堤からまた笹ヶ峰連峰を眺めた。
 今庄ICの入り口でまた今庄蕎麦を賞味した。多分新蕎麦だろう。本物の味がした。

法要のうれし涙の時雨れかな2018年11月05日

 最近相続の仕事が増えてきた。人の死があれば相続がある。記事中「そもそも家を継ぐのは、家業や親戚づきあいやお墓の管理など、あれやこれやの面倒も引き受けることとセットでもあったので、他の相続人もある程度は譲歩したほうが得策だという判断もあったでしょう。」
 まさにこの記事の通りで、今進行中の相続も兄弟姉妹の相続人の遺産分割でほぼ1カ月が過ぎた。ここに来て暗礁に乗り上げたのは当初は事情があって祭祀者が決まらなかったのが、代襲者の1人が名乗りをあげて本家の墓を守ることになった。
 元々は長男が引き継ぐはずが死亡したために血縁関係ながら疎遠になっていた。その二男が引き継ぐので仏壇のある家も相続することになった。
 昨日は遠方からお坊さんを呼んでの法要が執り行われた。私も故人の後見人だった関係で臨席させてもらった。喪主もおらず、法名もなかったから二男が叔父の法要のために奔走したのである。
 二男の叔母が口癖のように言っていたお墓のお守も決まったし、納骨も済ませた。お墓では雨に降られたそうだ。故人もこれで安心(あんじん)されたであろう。
 死んだ人は忘れられるのが一番つらいという。お念仏をあげてくれる人が決まってそのうれし涙と思った。
 当初は仏壇の魂抜き、墓仕舞いも考慮し、家も売却というシナリオは大きく狂ったが、当家の継承のためには良いことである。血縁の相続人同志ががっちり手を組んで守って欲しいものである。

野に遺賢なし2018年11月07日

 冨山市まで仕事探しの旅だった。これで先月の高岡市につづいて2回目。往復バスのドライブで少し疲れた。8時前に名駅前を出発。現地のテクノセンターには11時30分に到着。意外に早い。
 分水嶺を越えて飛騨の山の黄葉は良かったが空が曇っていた。
 中心地から離れているので時間まで手持無沙汰である。順番が来て対面する。不動産と介護施設を中心に手広く経営。ただ、中堅幹部が居ないとのこと。募集しても来ない、来てもすぐ退職する、定着しないことが経営課題だった。
 さて、詳しく聞くとどうやら常勤の番頭さんが欲しいらしい。すべてを任せられる能力があるゼネラルマネージャーという。
 そりゃあなたここはシニア人材のマッチング会であって、謂わばレッスンプロが応募する。相手先はトーナメントプロを欲しがっているのだった。
 対面した取締役副社長は元銀行員だけあって緻密な人らしい。入社してもすぐ退職するのはこの経営幹部の人の使い方が原因と直感する。一々細かいのだろう。
 一体どんな待遇で迎えるのだろうか。欲しがっている人材はこんな所には来ない。人材銀行にも登録しない。どっちかと言えばヘッドハンティングして来ていただくものだろう。今の勤務先も厚遇で離さない。
 「野に遺賢なし」なのである。
 結局話は進展しない。パンフを見せられて、何か気付いたことを指摘してくれと横柄な奴だった。椅子を蹴って退場するのも大人げない。中産連さんの手前もあることだし。そこで思いつきで提言した。
 曰く
1 社名はアルファベットにするべし
2 資本金は1億円以上でないと若い人は来ないから、グループの総資本で表示すること。但し、1社だけで1億円にすると、役員に税理士の参与を置く義務があるので1億円に近い数字にする。
 売上、社員数もグループで合算すること。
3 富山県は人材流出県であり、若い人に逃げられている。名古屋へは高速で3時間圏。名古屋の大学にも社員募集するべし。冨山の出身者がJターンする望みはある。
4 その他、近代的なオフィスビルにするとか、いろいろ浮かぶ。

 社員にカネを支払い続けるのは大変なこと。出社してくれるだけでありがたいと思うことだ。それでも少しの待遇の差で転職してゆく。銀行員出身者は上から目線を修正することだ。
 
 富山県は今も単身赴任者が日本一らしい。大伴家持以来の伝統か。やはり家族ともども移住するだけの魅力と経済規模がないのだろう。人材をとどめるにはどうするか。これから益々人材不足になる。黒字倒産もささやかれて来た。

 昔から社員数が300人、売上は500億円が倒産の分岐点という。要するにマネージメントがおろそかになりやすい規模である。面談した会社もそうなる可能性はある。
 野に遺賢なし。社員を育てることが急務のはず。レッスンプロのシニア人材を活用すれば良いのにと思わざるを得ない。あの副社長さんの発想の転換が必須だ。政府の護送船団方式に守られてきた銀行員に出来るのだろうか。頭が良いだけの人と思った。

相続の口火を切りぬ夕蜩 作者不明2018年11月14日

「航」俳句会のHPから
 ある年齢になると相続のことが気になるものである。自分または自分達夫婦の死を仮定することだから、実子と言えども、話を切り出すには勇気がいる。ましてや、中には、土地の人から一目置かれる家柄のお宅などでは大変なことだろう。加えて遺産相続もあって、時には子供同士の争いにもなるから、一層厄介なことである。
 このお宅でも、その相続の話を、さりげなく夕食の席に招いて切り出したのだろう。すると、はかったように蜩が鳴き始めたのだ。私の想像では、すべてが穏便にはかどったと思う。
 そんな思いも蜩が支えてくれているのかも知れない。  
                              天野祐子
*******************************************************
 今日は少し寒いが良く晴れた。
 朝一でIさんからお迎えが来た。行く先は小高い丘の上の銀行の支店。何でも当該銀行が「相続 成年後見 遺言書」の相談会開催のチラシを巻いたら朝一で3組、更に3組申し込みがあったらしい。
 9時きっかりに行員に案内されて一番目の相談者が入って来た。テーマはいきなり相続税の話。これは税理士さんの分野。よく調べておられる。しかし、ご自分のことの対応はないので公正証書遺言の作成を勧めた。また家族信託にもさわりを説明。
 二番目は初老の夫婦の成年後見のテーマでさらっと学んで行かれた。
 三番目は80歳の独居男性の成年後見の話。妻が障害者として入院中で、預金を凍結されたという。マンションも共有名義のために売却出来ない状況という。これは後見が適当である。妻は再婚で前夫との子がいる。よって公正証書遺言を勧める。
 ここで昼食のはずだったが、飛び入りで86歳の老女が入って来た。昼食は抜きで対応した。四番目は姪が急死して財産があるはずなのだが遺言書を見せない相続人がいるので、知る方法はないか、との相談。公正証書ならば知ることができるので方法を案内した。
 五番目は不動産の多い人だった。しかし家族関係はシンプルなので公正証書遺言を作成することを勧めた。
 六番目は遺産相続の話。ここも家族関係はシンプルだが子供が居ないので遺言書の作成を勧めた。
 七番目は資産は多く争いのあるような特に心配するような家族ではない。公正証書遺言を勧める。
 1人1時間7時間びっしり。ふうっ、やっと終わった。他人の人生に関わる話は気が重い。1人でも成約になれば良いのだが。
 世の中には想像以上の不幸な人生を生きている人が居る。15歳のとき、37歳の母が死んで、自らを不幸と思った。親の庇護もない代わりに老残の母を見ることはなかった。存命なら90歳の母の介護で悩むことはない。相続の話もなく自分のことだけを考えて生きてこれた。
 診療内科の専門医・海原純子さんはクライアントに引き込まれて自分がうつになることもあるとか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E5%8E%9F%E7%B4%94%E5%AD%90
 うつな気分を一杯飲って払拭したかったが、別件の仕事があるので酔うわけにはいかない。空腹のためにベルト1穴分を締めて銀行を出た。

痰一斗 糸瓜の水も 間にあはず 正岡子規2018年11月17日

 掲載の句は有名な子規の一句。「結核を患って吐血し、その時に「血を吐くまで鳴き続ける鳥」という意味を込めて、「ほととぎす(子規)」を、雅号として使用する」ような俳人であった。

ヤフー知恵袋の回答から

「これは子規が明治35年9月19日、死ぬ直前に詠んだ句です。それがわかっていないと正しく理解できません。

「たんいっと へちまのみずも まにあわず」

「一斗」は18リットルですから もちろん誇張ですが、それほど大量の痰を吐きながら子規は激しい苦痛と闘っていました。
「へちまの水」は 前の方もおっしゃるように 痰を切る効能がありました。その水をとるには、秋へちまの実が完熟してから 根元に近いところで茎を切り、そこからしたたる水を容器に貯めるものです。

それが「間に合わない」ということは、それまでに自分は死ぬということを切実に詠っているのです。
季語は「へちま」 秋です。切れ字はありません。」
****************************************************
 11/16朝、起き抜けに、鼻がむずむずするのでトイレで吐いたら、血痰が出てびっくり。触るとぬるぬるするので痰に血が混じったらしい。鼻の穴も血だらけになった。
 すわ、結核か、と。男にとって出血は一大事でうろたえる。
 午後から近くの呼吸器科を探して行くが医師が休み、夕方には専門医院を訪ねたが患者が多くて待ち時間が長かったので翌日の今日仕事場の近くに専門医が見つかった。朝8時半に受付を済まし受診した。
 ずいぶん待たされて、問診、多数の検査を経て、出た結果は、耳鼻咽喉科で判明した。実はブリッジの歯の根元からの出血と分かった。微量ながらも一晩では喉に血液が流れ痰にからまったらしい。原因が分かって良かった。

 呼吸器科で撮影したCTスキャンなるものは今までにも撮ったが、結果を見せてもらうのは初めてだった。内臓全体はきれいだとのこと。つまり内臓の異常はなさそう。血圧が高めなのは体重のせいだ。これを無理してダイエットして昨年はえらい目にあった。ほどほどにしたい。健康管理が難しい年齢になってきたのだ。

 このところの冷え込みにも関わらず夏用の薄い半袖の下着と薄手のカッターシャツを着用していたから油断である。ひどい咳き込みで肺病を疑った。
 さっそく長袖の冬の下着を取り出した。朝夕は暖房を開始した。暖かくする限りでは咳も少ない。乾燥に弱いのでマスクも必須になった。メガネの曇らない良いマスクが見つかった。しばらくは長い冬の季節になる。ご用心。
 3年前に86歳で亡くなった元勤務先の社長、河村市長、先月末に88歳で亡くなった山友のNさんもまだ60歳代の頃、八事が近い、と言って笑わせた。名古屋人の悪い冗談と思っていたが、こんな症状を見るともうホントに八事が近くなったのだ。そういえば、後見人として初めて八事にも行き直葬に立ち会った。自分も八事が近くなったのだ。

枯れ落ちるまでは間がある冬紅葉 拙作2018年11月24日

 小春日和の朝。少しひんやりして気持ちが良い。高層の窓からは山眠る猿投山が見える。さらにその背景にも真っ黒な恵那山が見える。ともに台形の似たもの同志である。
 猿投山は継行天皇の皇子のオオウスノミコの陵がある。オオウスノミコはヤマトタケルの兄である。恵那山の頂上にはアマテラスの胞を埋めた伝説がある。ともに長い伝統を誇る天皇家につらなる。
 眼下には清明な天白川が流れている。堤防の桜並木も今少し葉が残っている。完全に落ちるまでは少し間がある。何とも侘しい風景であることよ。

神留守の御嶽に雪少し積む 拙作2018年11月25日

 ウィキぺディによれば、神無月とは
「旧暦10月(きゅうれきじゅうがつ)は、旧暦(太陰太陽暦)の年初から10番目の月である。
 天保暦よりも前の定義では、小雪を含む月を10月とする。 新暦では10月下旬から12月上旬ごろに当たる。 10月の別名は神無月(かんなづき、かみなしづき)、島根県出雲地方においては神在月(または神有月、かみありづき)である。」
***************************************
 昨日は久々にお千代保稲荷へ行って来た。忙しくて山にも行けず、だが3連休の好天を見逃す手はない。
 長良川左岸の堤防道路は癒しの道である。仕事のストレスも癒されるのだ。高速道路からは冠雪の御嶽や白山は見えた。ここからは更に真っ白な乗鞍岳も見えた。
 お千代保さんも閑散期とはいえ、それなりの人出はある。西参道は相変わらず串カツの店の前は人だかりである。季節の野菜も売っている。その中でしいたけの形の良いのがあったので3袋買った。後で冷凍すればいい。他に白菜の漬けものはいつもの店で買った。
 参道のにぎわいに比べると境内はひっそりしている。
 そうか、今時は神無月なのでお稲荷様といえども、出雲へ旅立っている最中か。正月とか1月中はごった返している。手を洗い、油揚げを買い、ローソクを掲げて、本堂に参拝した。
 終わった後は東参道も往復して戻った。なまず料理も今一、海津温泉に入湯するには時間が早いので特に寄り道することもなく帰名した。ただし、今度は自転車を積んで来てもいい。車はどこかの道の駅にデポして、自転車で走れば渋滞はない。いい運動になる。

キャッシュを待機しています、の解決方法2018年11月27日

 ブログや検索がこのところ時間がかかってイライラする。今日は特にフリーズまでしてしまった。もう寿命かと思ったが、左下に表示するメッセージをググってみたら、解決方法が見つかった。
 https://aws2000.net/?p=539
の中に説明があり、
「Chrome のアドレスバーに、

chrome://net-internals/#dns

と、入力します。(もちろん、これをコピペでOK)」を実行してみたら、ちょっと早くなった。

更にブログの使わない項目やアクセスランキングなど不要不急のファイルを削除した。表示する件数を減らした。LINE,TWITERの対応を止めた。拍手を止めた。要するにPCに負荷を与えていたものをやらないことにした。

更にさらに
https://blog.ahmon.net/googlechrome/
も実行した。

するとどうだ、ウソのように軽くなった。
今までは不要なファイルを削除するディスククリーンアップとデフラグくらいだった。それでも早くならないのでもう寿命を覚悟していた。
一応、PCのクラッシュや重大なトラブルに備えて、中古PCを用意してある。或いはキャッシュメモリの増設も考えてみた。

やって見るものである。

『新撰美濃志』の中の恵那山2018年11月27日

 『新撰美濃志』の成立は江戸時代末期。一信社版(訂正版)は昭和6年の刊行、復刻版は昭和47年に岐阜市の大衆書房から刊行された。
 緒言には尾張藩の岡田啓の遺稿という。天保初年頃から彼の晩年に到るまで前後実に三十年の星霜を閲して出来上がったのが、この『新撰美濃志』三十巻である。」と。
 その中の恵那山に関する歴史民俗の記事を抜粋した。

阿木村は冨田の北にあり。和名類聚抄に「惠奈郡安岐」とある旧郷、また美濃神名記に「惠奈那從四位上阿岐明神」としるしたるもここなり。「岩村領千五百八十九石六斗四升」「阿木川」は当村の山より出でて大井宿の方へ流る。
 「阿木風穴」阿木山にあり。「血洗社」は阿木山の麓大野平にあり。神代のむかしある御神ここにて御子を産み給ひ、胞衣を洗ひ給ひし跡なりといひ傳へ、血洗池という古跡ものこり、また惠奈山の名もそれより興りしより里老いへり。

・・・・ウィキペディアによると「和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)は、平安時代中期に作られた辞書である。承平年間(931年 - 938年)、勤子内親王の求めに応じて源順(みなもとのしたごう)が編纂した。略称は和名抄(わみょうしょう)。」だから古い。
 恵那は平安時代からあった古い地名である。阿木山は現在の地形図からは特定できない。

 検索にヒットした「安岐郷誌」によれば「あぎやまとは阿木の生活域から東方向に見られる山の総称。焼山付近までを含む阿木の山岳地域一帯を示す言葉として使われることが多い。ただし正確な定義はなく、狭義には天狗森山や橋ヶ谷山、あるいは焼山などを示す場合にも使われ、その意味する所は人や世代によって様々である。阿木の生活や歴史に深く関わってきた山である。」さらに焼山は「やけやまは上矢作・長野との境界近くに位置する山の名前。全国にある他の焼山と区別するために美濃焼山と呼ばれる事もある。焼山という名は山のあちこちで炭焼きの煙が立ち上っていた事に由来している[1]。」という。

ソース:「安岐郷誌」http://agimura.net/index.php5/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

 個人的には、焼山ではないか、と思っている。agiyamaとyaki(ke)yamaの耳から入る地名の違いか。焼山の南西の無名の三角点は通称ロクロ天井といい、点名は阿木である。麓に木地師の墓がある。
 安岐郷誌は炭焼きの煙と書くが、木地師の炊飯の煙とも言えるし、彼らの食料になった蕎麦、粟、稗などを生産するために山を焼いたから、その煙ともいえる。春に山焼きをして種を蒔き、夏に刈り取る。夏になっても焼いて採れる山は夏焼の地名が残る(稲武町など)。木曽峠にはずばり夏焼山がある。

 R363のキャンプ場(現在は廃止された)の近くの三角点の点名が血洗という。
 血洗は当然エナを洗ったことに因む。明治時代以前のエナは何かに包んで、素焼きの底なしの壷に入れて埋設されていた。これは埋甕といった。
 ウィキペディアによると「埋甕(うめがめ)は、縄文時代の深鉢形土器を土中に埋納した施設。
 縄文中期から後期にかけて関東平野や中央高地で見られる習俗で、縄文後期には中央高地では衰退し、関東平野では継続した。
 埋甕は住居の内部(出入口部)に営まれる住居内埋甕と住居外に営まれる住居外埋甕があり、複数営まれる場合もある。土器は煤などが付着されていることから日常的に使用されているものが転用され、特に口縁部が平なものが選ばれる。正位または逆位で配置され、正位の場合は石蓋があることもあり、口縁部や底部が破損または底部が意図的に穿孔されている。
 住居内埋甕は民俗事例などから乳幼児の埋葬施設や、幼児の健やかな成長を祈念し胎盤(胞衣)を埋納した胞衣壺であると考えられている(木下忠による)。内部の埋納物は例外的に土器や石器が含まれることがあるか明確に確認された例がなく、残留脂肪酸分析も行われているが胞衣が含まれているかは不確定である。以下略」
 実は設楽ダム建設の現場に近いところでも愛知県埋蔵文化センターの発掘事業が行われていて、素焼きの甕が発掘された。意外なところにも縄文文化の遺跡があったものである。
 エナの埋蔵は非常に普遍的な文化の所産だった。
 その文化がアマテラスのエナを山頂に埋蔵する伝説にまで発展させたのは一体なぜなんだろう。