三遠地方民俗と歴史研究会総会へ2018年04月21日

 会場は富岡ふるさと会館。13時前に会場入りした。総会は式次第に沿って進行。その後に記念講演が行われた。
 演題:村木砦~設楽原まで 信長の鉄砲使用
 講師:小林芳春氏 設楽原を守る会
アマゾンに掲載された略歴
「1933年、新城市生まれ。愛知学芸大学卒業。現在、設楽原をまもる会、新城市郷土研究会、日本銃砲史学会等の会員。元新城市教育長」

・・・・有名な設楽原古戦場であるが、『信長公記』を縦軸に、自著の『「長篠・設楽原の戦い」鉄炮玉の謎を解く 』(黎明書房)を横軸にして展開。目からうろこのの歴史談義でした。元は学校教員で専門は数学でした。話の資料にも分布図、統計など、数学的資質を活用されての話は面白く新鮮でした。
 まさに「データをして語らしめる」ということです。客観的な数値ですから説得力があります。今までの歴史談義は、作家的な想像力を膨らませた物語から、史料の分析にもとづいたアカデミックな学者の研究がありましたが、ここに数学的統計学的なデータ分析からの歴史の解明もあるのかと感動しました。
 私も好きな俳人の句集の俳句をベースに、俳句の季語、キーワードを統計的手法で分析を試みたことがあります。漠然としたイメージが数値的にデータ化されて、伝えられてきた俳人のイメージがはっきりした経験があります。文芸や歴史のような論考にも数学的なセンスがあると面白さは倍増します。

 アマゾンから転載「「長篠・設楽原の戦い」に使われた鉄炮玉の鉛同位体比の測定により、鉛の産地が日本だけでなくタイや中国に及んでいることを解明。あわせて分析結果の詳細なデータを公表。
 鉄炮玉の秘伝書『玉こしらへの事』の分析・解読から、玉に細工をし撃った先で玉が二つに分かれる「二つ玉」等、戦国期の玉に施された工夫の数々を紹介。
 地元鉄砲隊の協力のもと、実際の火縄銃を使って『信長公記』の記述「鉄炮を以て散々ニ」の実態を検証。古戦場跡で発見された鉄炮玉の場所、来歴、大きさ等の報告を収録。」

 ハイキングに歴史の勉強に意義深い1日でした。

  行く春や歴史話も三河弁   拙作

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック