奥三河・茶臼山ミニスキー登山2018年01月27日

 1/27は又とない冬日和を期待した。天気図で北が雪だるまのマークになると南の愛知の三河地域は晴れる。様々な雑用が片付いてきたのでどれ、一度スキーにちょい乗りする目的で茶臼山に行った。これまで三河の山でスキーを使ったことはないがたまにはいいか。
 朝6時40分、天白を出る。足助町、いなぶを抜けて名倉から茶臼山高原道路に入る。カーブに圧雪があったりして油断はできない。9時愛知で唯一のスキー場に着いたがまだ客はまばらだ。遠くには南アルプス南部の白い巨峰がならぶ。9時30分シールを張って雪の遊歩道を歩き始める。園地までは広々しているが途中から雑木林の歩道になる。それでも雪がある限りは板をつけたまま歩く。10時、三叉路の分岐でついに板を外す。急な階段道になった。登りきると頂上の一角だ。そこからも奥三河一円の眺望が広がった。萩太郎山は今はスキー場としてもっとも賑わう。
 先行者の踏み跡をたどると登ることもなく1415mの頂上だ。2等三角点が雪の上に頭を出している。10時47分、展望台に上った。三河、遠州、南信の眺望が広がった。さっき見た赤石岳聖岳の巨峰も見える。多少枝が邪魔するが。
 展望を満喫して下ると山岳写真愛好家が登って来た。入れ代りに展望台に登ってレンズを向けている。今日は入れ代りもあるが会った人は2人のみだった。
 スキーのデポ地でシールをつけたまま階段登下降で園地まで戻った。園地でシールを剥がしてカヤトの高原を滑走した。ターンも描いてみた。ほんのエッセンスのような味わいである。下まで来ると雪に隠れた溝にはまり転倒した。またクルマまで板を付けたまま歩いた。時計はまだ12時30分だった。
 朝のガラガラのPはいつしか満車になっていた。となりもとなりも浜松NOだった。約60kmくらいとか。家族連れによさげなゲレンデである。なのでゲレンデでターン技術の練習はカット。汗もかかない程度なので入湯もカットして往路を帰った。マイカーのボディは塩カルで真っ白になった。洗車して帰った。