シニア人材交流会で高岡市へ出張2017年10月20日

 朝6時半の地下鉄に乗車、7時半にはJR名古屋駅に着いた。コンコースは人でごった返している。花金ということだろうか。この移動のエネルギーを見るととてもデフレ不況にあえぐ日本ではない。バスの時刻まで間があるのでコーヒー屋に入ると行列であった。時間をつぶしてBバースへ行く。行く先は富山県高岡市である。
 シニア人材交流会に出席するためだが面談の時間は25分程度しかない。核心にふれようとすると時間切れになるので第一印象である。バスは定刻通り、10名を乗せて出発し、東海北陸道を走った。小雨と霧でさえない高速の旅だ。標高1000m付近が黄葉していた。 
 予定通り高岡市に到着するが面接の時間まではたっぷりあり読書に宛てた。順番が来て企業担当者と金融機関の2名と面談。その企業が抱えている課題の解決策を提案する。しかし、深い話はできない。2次面談に呼んでもらえるかどうか。数名が面談するので企業側に選択権がある。多分地元優先、若い人を選択するんだろうな、と思いつつ一縷の望みを抱く。最後は縁であり運である。
 帰路は5時半出発。名古屋駅前は9時半、自宅は10時過ぎになった。くたびれた。しかし、富山県にはゼニが落ちていると思って行くのみだ。次は豊橋市になる。小牧市の企業は2次面談はなしと連絡のメールあり。
 中小企業は無尽蔵だ。自民党が圧勝すれば来年はいよいよ人出不足が本格化する。シニアにもチャンス到来だ。当るまで行く。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック