台風接近で登山は中止2017年09月17日

 タリムって何だろう、と思ってググったら、鋭い刃先だとか。14カ国で構成する台風委員会のメンバーのうち、フィリピンが用意した名前というがこんな方法いつ決まったんだろう。1968年という。しかし、被害の大きかった台風は、伊勢湾台風というように日本独自の名前をつけるとか。そうか、知らなかったな。
 17日から18日にかけて岐阜県の山へ行くため、リーダーが登山届を岐阜県警に出しておいた。そしたら私のところへ岐阜県警の某です、といって、これから台風が来るので、中止を勧告するような電話が来た。登山届はちゃんと読まれて、チエックされていると知った。もちろん、台風の動きは常時注視していますのでご心配なく、と回答した。
 7時現在、降雨は一休みだが、空は黒い雲で覆われている。高時計は1012HPAを差しているが、高度は70mに達し、45mの実際の高度との差がひらいてきた。低気圧が雲を呼んでいるのだろう。確実に接近中である。登山の方は昨日中に中止した。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック