カスピ海ヨーグルトを食べにポタリング2017年08月01日

 今日も暑そうな予感がする。6時35分、自転車にまたがる。一路、日進市の田園ロードへ。風を切ると少しは涼しい。
 5月の田植時は
   まほろばや日進の田に余り苗    拙作
と詠んだのに早いイネはもう頭を垂れている。コシヒカリは早いそうだが・・・。他のイネはまだまっすぐに伸びるに任せている。田によっては雑草が混じって生えている。農薬の量の違いだろうか。ケリやアオサギ、シロサギが田の中に見える。
 蟹甲町から米野木町へも田園地帯を突き抜ける。県道75を経て田園地帯を走ると東名高速道路につきあたる。トンネルをくぐり県道58と交差し、突っ切ると地道になった。天白川があって向こう岸へ渡れず、迂回する。三本木の交差点からの2車線の良い道に合流したので右折してみた。
 地形図でチエックすると標高75mくらいから100mまでの長い上り坂をギヤチェンジしながら耐える。一段上がってまた登ると今度は急カーブを伴いながら下る。するとまた東名高速にぶつかる。手前で左折すると愛知牧場だ。ゆるい上り坂を凌ぐと途中東郷PAにも入れる。喫茶店として利用可能であろう。後は下る一方で牧場入り口からトンネルをくぐるとログテラスへ。7時半前に到着。開店は8時なので愛知池の管理道路に入り一周した。戻ってくると8時ジャスト。入り口には同年代のサイクリスト2人と親子4人が開店を待機していた。
 モーニングコーヒーとセットを注文。これで3回目。聴くとねばねばのヨーグルトはカスピ海ヨーグルトというんだとか。濃厚なミルクのスープもうまい。飲むより食べる感じのとろみがある。汗をかいた後の体には塩味がうま味になる。トースト半切れ2枚、ゆで卵、ミニサラダ、コーヒーで550円也。
 帰路は東名高速沿いの道を探しながら走った。県道58は朝6時台でも交通量が多い。トヨタ系の企業は8時か8時半始業なので下請けも含めるとかなり朝早くから車が多い感じだ。東名高速の側道は両側にあるが北側を走った。やや上り坂をこなすと後は下る一方になった。愛知東邦大学日進グラウンドを経て愛知用水にぶつかる。右へ用水の管理道路をいくと橋があり渡る。天白川にぶつかるが橋は東名の南側になる。トンネルをくぐって一般車道に合流。後は東名沿いに走り、米野木から日進市の田園地帯を駆け抜けた。気持のよい道である。次の機会には黒笹駅に近い黒笹山130mの3等三角点に寄るのも面白い。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック