台高山脈・迷岳~東尾根往復2016年11月01日

口迷岳への尾根(下山時)に映える紅葉
 愛車キャラバンの登録は平成15年。ふとメーターを見ると20万kmを越えていた。長いマイカー歴でも断トツの長寿と距離を達成した。名馬は千里を走るというがほんとにこの鉄の馬は疲れない。乗用車タイプよりも背中が立っていて腰の負担が少ないからだろう。商用車であるがこれぞ名馬と言う気がする。トヨタのハイエースは20万kmを越えても90万円の値が付くというがキャラバンははどうか。丈夫な車は結局安くつくのだ。

 10/29は午後3時出発というゆとりの山旅になった。上社南ICから名二環に入り、伊勢湾岸道では横風がすごくて揺れた。時速70kmに落として四駆にセットして走行。橋脚に当たる強風の乱気流で揺れるようだ。四日市から亀山間も午後はゆったり流れる。第二名神ができるまでは渋滞が続く。亀山から伊勢道は高速らしい走行になった。嬉野で一服。大宮ICで降りて道の駅、イオンの店で夕飯や行動食を仕入れる。夕飯は美味しそうな秋刀魚寿司を買った。ここまで約140km、2時間と早い。
 宮川に沿う道をひたすら走る。カラスキ谷公園のPに車を乗り入れた。早速テントを張って今夜のねぐらを設営。不要なものはトイレの着替え室に仮に置く。東屋にコンロ、コッヘルを持ち込んでお湯を沸かす。めいめいが好きなものを食べた。寝るには早いが午後7時には就寝。
 10/30は5時過ぎには起きた。朝もお湯を沸かし、味噌汁、コーヒーなどめいめいが持ってきたものを飲んだり食べたりしてブレークファーストを終える。片づけ、テントを撤収して出発。今来た道を戻る。橋を2つ渡りかえし、左折する。するとトンネル工事中の現場に着いた。トンネル近くの谷の手前に八知山林道の入り口があった。始は舗装だがすぐに悪路となった。4駆にセットしてゆっくり走る。落石は少ないが鋭角の石には要注意だ。羊腸の林道を登ってぐんぐん高度を上げる。林道の二岐が広くなっている。アウトバックが駐車されている。公園で見た車だ。3台来て、1台は別、もう1台が同乗して、この1台で出て行ったから大熊三山かなと思う。
 われわれもPにした。登山の準備を終えて出発。林道を左へ歩く。再び二岐になる。ここの100m右には正式なPがあるみたい。左へ振る。しばらくで右に誘う道標を見て右折。ジグザグの登山道に入った。これが地形図の実線(幅3m以内)で表示された道である。
 この辺りから杉の植林帯から解放されて二次林の美しい林の中を歩く。まだ緑一色であるが黄葉するとなお美しいだろう。地形図通りのジグザグを繰り返しながらガレて明るくなった辺りが1194mの下になる。少し下ったところに登山口の道標を見出す。林内から明るくなった斜面を登りきると1194と1210の鞍部に着く。ここにも道標がある。
 この先は口迷岳まではプロムナードコースであった。ブナ、ヒメシャラなどの疎林を歩く。口迷岳1224mからは一旦下って、尾根もやせてくる。左側に樹林越しの眺めが得られる。林相も喬木が多くなり、原生林と思われる。やがて核心部の桃の木平に入る。二重山稜になり地形が複雑になった。赤テープを確認しつつ、振り返って不足気味のところにはメンバーが手持ちの赤布を付けている。霧が出たらいやらしいところである。
 唐谷川源流部の見事な林相を堪能しながら尾根に取りつく。地形図の町界通りではなく、北の東に張り出した尾根を登っているような気がする。大熊谷側の尾根から北西(左上)へ二重山稜を横断するのはそのためではないか。急登の尾根は痩せているが黄葉が素晴らしい。一段と展望がよくなる。しばらく上ると山頂に着いた。先行者は居ないのでやっぱり大熊三山周回だろう、と話す。
 元気3人は大熊の頭をピストンするという。待機組は2人は尾根の開けた陽だまりのところで大杉谷方面の眺めを楽しんだ。あれっというくらい早く戻ってきた。山頂によって下山する。Pにいくまでにバイク1台が追い抜いて行った。1台の車が向かって来た以外は静かな山である。アウトバックはまだ置いてあった。再び林道を下って車道に戻る。
 帰路は伊勢フォレスト宮川温泉に立ち寄った。事故渋滞の情報で亀山から桑名へ迂回したりして手間取ったが名古屋へは午後7時過ぎ帰還。往復370kmの山旅でした。

11月句帳2016年11月03日

文化の日古新聞を束ねたり

山積の古雑誌捨つ文化の日

  10月29日~30日迷岳へ
秋刀魚寿司紀伊ならではの土地の味

紀伊山地なべて黒々山眠る

秋やまだ還らざる人仙千代ヶ峰

紀伊山地秋日に光る熊野灘

行く秋の山を歩けばわれらのみ

去りがたき山路を飾る照り紅葉

な迷ひそと赤布付けし秋の山

秋惜しむかに歩くべし迷岳

舞ふやうにアトリ群れ飛ぶ迷岳

山深く来て鹿の鳴く声を聞く

食べられず見るだけにする茸かな

11月句帳2~立冬2016年11月08日

秋立つや愛車の泥を落すなり

  取引先から自ら刈り取った新米を贈られる
新米や感謝の意の手紙添へ

冬服にネクタイも締め新たにす

  丸の内界隈
冬の雨家路を急ぐ勤め人

短日やヘッドライトの明々と

ストーブを出すオフィスの片隅に

欠礼の葉書受け取る十一月

来年の家計簿を買ひ日記とす

  愛知会の新年会の出欠はがき
出欠は出に丸賀詞交歓会

時雨るるや膝の痛みの長引きし

泳ぐ2016年11月13日

 小春日和の登山日和というのに膝痛でどうにもならん。再びリハビリを始めた。9月の長雨で78kgから折角74kgまで落としたというのにまたリバウンドしてしまった。山へ行かない日もスポーツをする必要がある。そう考えて徒歩10分の天白スポーツセンターに行くこととした。1回100円だ。
 今日は水泳だ。徒歩で3往復してから平泳ぎで25mのうち20mで息が切れる。何てことだ。インターバルで歩いて繰り返すこと3回で引きあげた。それでもぐったりとした疲労感がある。
 減量目標はマイナス15kgで63kgにした。28歳頃の体重である。若いころは忘年会や新年会でカロリーをたっぷり摂取しても重登山や下手なスキーのロスエネルギーで減量できていた。スキーがうまくなり山岳会も年長者が増えて歩行スピードを落とす内に省エネの登山になった。加えて加齢により代謝が不足と相俟って太ってしまった。
 減量して膝の負担を減らさないと登山もスキーからも遠ざかることになる。トレーナーさんから継続しないとね、と激励?を受けた。続けなくっちゃ。事務所に置いてある自転車も自宅に持ち帰り朝だけでもポタリングすることとしよう。膝痛で自宅にこもりっきりが一番悪いから。

リハビリ2016年11月16日

 今日で3回目。夕方、U外科へ電気治療とマッサージを受診。体重は78kgで変わらず。1日置きのリハビリでも1回1回痛みは軽くなる気がする。11/11はびっこを引いていてマンションの住民から「おい、どうしたや」と声をかけられたが今はそんな極端なことはない。
 今日は小寒いので、冬山用の羽毛ズボンをはいた。マッサージ師から「ユニクロでヒートテックの暖かいトレパンを売ってるいるよ」と教えられたが、年にいくらも着用しなくなった羽毛ズボンなら防寒性は最高である。食事はごはんもパンも止めてウドンと野菜の煮込みにして2回に分けて食べる。他に野菜とリンゴ、バナナのジュースを小分けにして飲む。0.9kg減ったが誤差の範囲内だろう。

浜焼きイカ丸干し着荷2016年11月16日

 10月の連休で富山県に旅した際、射水市のR8沿いの道の駅で買った浜焼きいか丸干しの味が忘れられなくて福井県の製造元から取り寄せた。冷凍の漁師漬けとか干物セットなども購入した。1ヶ月分はある。ご飯にあうおかずばかりで、よりによって、減量をスタートした後に着荷するなんてタイミングが悪いがたまには良いだろう。

天皇皇后両陛下の信州への旅に寄せて2016年11月17日

みすずかる信濃の国に旅したる我が大君の無事を祈りぬ

昼神の温泉郷に草枕旅の疲れを癒されて居り

阿智村の満蒙開拓の語り部に苦難の歴史聞く両陛下

晩秋の伊那の飯田にお迎えし両陛下見し林檎並木を

忘年山行兼新人歓迎会~天狗堂を歩く2016年11月21日

 11/19から11/20は所属山岳会の忘年山行兼新人歓迎会でした。11/19は朝から雨で登山は中止。それでも午前中に出発して野菜などの買い物をしながら会場の某山荘(会員のつてで借用)へ行きました。
 スーパーの野菜は高いのでいなべ市と野菜でググって地元産の農産物市場を探し大泉駅前の「うりぼう」で格安で美味しい野菜などゲットできました。
 それでも時間があるので2012年に行ったことがあるいなべ市藤原町鼎にある「農業レストランフラール」で昼食にしました。地元産の野菜料理のバイキング方式です。レストランの場所が高台に変わり価格も800円から1100円になりましたが満足のあるメニューでした。朝11時開店というのにPはほぼ満杯でした。以前の店よりも少し広くなっていました。それだけ人気が高いのでしょう。野菜で腹いっぱいになったのにまぜご飯、たこ焼き、蕎麦、カレー、ケーキ、フレンチトーストなど減量に取り組み始めた私には体に毒な料理が続々出されて悩ましいところです。
 特にまぜご飯は懐かしいふるさとの味がした。在所の三重県津市一志町の味だというとこのまぜご飯は一志の人が炊いたというのです。それは米、しょうゆ、砂糖、鶏肉、ゴボウのささがきでした。香り高いゴボウと砂糖の甘味が絶妙の味を出しているのです。何杯もお代わりしたいのですが減量を考えて1杯で我慢でした。晴れておれば御池岳から藤原岳がよく見えるところです。又来てみたい「フラール」でした。
 午後2時になり会場の山荘へ着きました。早速、清掃をしてから、道具類を運び込みます。女性会員5人が野菜などを切り分けて鶏鍋の下準備に取り掛かった。鍋といっても昆布やシイタケで出しをとる手間を省いて鍋の素を使うのであっという間に終わる。しばらくは付近を散歩したりして5時の宴会開始まで時間をつぶす。
 5時になりコンロ3個に鍋を置いて7人で宴会を始める。新人のTさんの入会を祝った。始まってしばらくでまず、Iさんが着いた。新人のFさん、最若手のMさん、会長のWさんと輪に入るたびに乾杯を繰り返した。何を話したのかさっぱり覚えていないが盛り上がったことは確かである。Iさんは家族の用事で夜に帰宅された。
 11/20は午前5時に起床。朝食をとるが早いか、一斉に片づけ、清掃をした。荷物を運び出すと参加者全員で記念の写真を撮影する。まだ薄暗い感じがする。7時過ぎに山荘を出発。竜ヶ岳登山口付近の国道に設けられたPでKさんとKさんを待つ。マイカーを4台に集約して12人で君が畑に出発。途中で新しくできた道の駅でトイレ休憩。木地師発祥の村・政所から蛭谷、君が畑の秘境の山里に行く。バス停には15人の先行者パーティが準備中だった。
 我々もノエビアの空地まで走りメンバーを降ろす。下山口の瀬川林道入り口に車をデポする準備を行った。御池林道のノタノ坂などには車が一杯止まっていた。シロモジの黄葉、カエデの紅葉で御池谷は錦秋の秋を迎えていた。
 君が畑に戻り、出発。神社では何やら山人らが仕事中だった。登山届は出したかねと尋ねられていた。多分神社の冬支度であろう。来週辺りから降雪があってもおかしくはない深山である。神社の右の尾根の急登に喘ぎながら登る。膝痛を抱えて泣き泣き登る。大事にすると運動不足で筋肉が減り益々太る。かといって過激な運動はより悪化しかねない。昨夜はビール、焼酎のお湯割り、Fさんの差し入れの名酒をしたたか飲んだがそのアルコールが今や汗となって滝のように流れる。冬なのでタオルは持ってこなかった。帽子からも汗がしたたり落ちる。小さなハンカチがたちまち汗まみれになったので軍手をタオル替わりにした。
 尾根に乗ると歩きやすくなった。アップダウンをこなしながら山頂へ行く。今日は見えないが遠くから眺めると三角錐の立派な山容である。益々急傾斜になり爪先立ちの登高が続く。先を行く人が遙か上に見える。それで山頂が近づいたことを予感する。あいにくの霧の山頂であった。風に乗って話声が流れてくる。先行者らは近くで宴会中のようだ。簡単に水を飲んだり中食をとり休憩する。御池林道に急降下する道標がある。かつてはここを往復した記憶がある。山仕事中の人からこの山は5月中旬を過ぎると山ビルが降ってくるから気を付けよ、と教えらてぎょっとしたこともあった。
 長休みは体が冷えるのでサンヤリを目指しそこそこに出発する。宴会中のパーティが盛り上がっていたのを傍目に過ぎると岩の展望台がある。そこから急降下していた。924mへ行く途中で時雨もようになり合羽を着た。サンヤリから来る大パーティとすれ違う。我々と合計すると約40名は下らない。錦秋の鈴鹿を目指す登山者でにぎわっているのだ。サンヤリへは1時間ほどで着いた。2等三角点がある。今日は霧で何も見えない。W会長が登山道を探りに行くが踏み跡も見いだせないようである。晴れておれば道なき道を探るささやかな冒険を楽しみたいが、12人の人数に加えて80歳代の高齢者も居るので天狗堂に戻って御池林道に下る登山道を下ることとした。
 天狗堂には誰も居なかった。急降下する踏み跡を木の枝、根っこを支えに下る。かなり下っても急な道が終わらなかった。沢の音が聞こえる。沢沿いになると登山道も傾斜が緩くなり御池林道も近い。やれやれで林道に着いた。サンヤリから瀬川林道に下るのは失敗したのでマイカーを回収に行く。またノエビアの前で集まり解散とした。

11月句帳32016年11月23日

    いなべ市・フラール~龍雲寺
冬野菜食べ放題のバイキング

鶏肉とゴボウの香る混ぜご飯

芋粥の普羅直筆の木札かな

雁の普羅の句碑立つ龍雲寺

色葉散る白砂の庭の龍雲寺

山猿が我が物顔や冬の寺

誰も見る人もなく咲く冬桜

柚子垂れて出番を待つや山の寺

     朝明にて
山が好きただそれだけの忘年会

新参のあまた参加の忘年会

一つ鍋つつけば親し山仲間

     君ヶ畑の太皇器地祖神社
木地師なる祖神の宮の冬支度

     御池林道冬黄葉
シロモジの冬黄葉富む御池谷

     天狗堂~サンヤリ
山時雨尾根道のぬかるんでゐし

薄幸の佳人か色葉散りにけり

時雨降る皆合羽着よ急ぐべし

11月句帳42016年11月28日

手袋をはめて出で立つポタリング
・・・軍手では寒いので防寒用手袋をはめて自転車に乗る。30分ほどでも体が温まる。

朝寒し膝かばひつつポタリング
・・・ウォーキングはまだ膝がちょっと辛いので自転車で散歩へ

通勤の道行く人や冬の朝
・・・地下鉄・原駅につながる道は通勤通学の人が四方八方から集まる。小津安二郎の「早春」という映画の一こまを思い出す。

水鳥のかたまってゐる淀みかな
・・・名二環の橋の下辺りが淀みになり多数の水鳥がたたずむ

濁り水何かと見れば川普請
・・・大水でもないのに濁っている。天白橋の橋脚の強化工事だった。降雨量の少なくなる冬の仕事。

日進市からは冬田の広がれり
・・・名二環から東は日進市との境でビルもなく冬田が広がっている。行政区域によって忽然と変わる風景。

冬川に沿ふ土手道を走りけり
・・・天白川の右岸側が日進市の田園地帯で土手の砂利道が続く。当然岸辺にもコンクリの風景はなく雑木雑草が覆う。