愛知山吟2016年05月13日

衣笠山のモンキアゲハ
  4/29 宇連山
目覚ましの後一と眠り朝寝かな

山椒の芽採りつつ下る尾根の道

三椏の花群れ咲きし尾根の道

昭和の日分けてくれけり夏みかん

三河なる桜並木は水田べり

  4/30 天狗棚と1200高地
さえずりやぶなの高木仰ぐべし

青き踏む面の木峠園地かな

コンニャクを買ふ道の駅四月尽

  5/1 棚山
春更けて森のせせらぎ道を行く

石楠花のよくぞ残され咲きにけり

  5/5 立夏
山行けば血行盛ん夏の初め

  5/8 渥美半島の山駈け
しばらくは乱舞に見とれ夏の蝶(衣笠山)

ウバメガシただそれだけの夏木立(滝頭山)

滝こそは不動を祀るご神体

杉林埋め尽くすごと羊歯萌ゆる(大山)

老鶯の下手さ加減や里の山