立山・真砂岳で雪崩発生、山スキーヤーが7人死亡2013年11月23日

続報  WEB版NHKニュースから

富山・真砂岳の雪崩 死者7人に
11月23日 16時53分
23日午前11時ごろ、富山県の北アルプス、真砂岳で大規模な雪崩が起き、登山やスキーをしていた人が巻き込まれました。
現場からはこれまでに7人が救助されましたが全員の死亡が確認され、警察は、ほかに巻き込まれた人がいないか捜索を進めています。

23日午前11時ごろ、富山県立山町の北アルプスの真砂岳、標高2860メートルの山頂西側の斜面で大規模な雪崩が起きました。
この雪崩で、周辺で登山やスキーをしていた人が巻き込まれ、警察が捜索を進めた結果、これまでに男性4人と女性3人の合わせて7人が救助されヘリコプターで病院に運ばれましたが全員の死亡が確認されました。
警察は、ほかに巻き込まれた人がいないか捜索を進めています。
真砂岳周辺は、23日朝から晴れて、登山やスキーをしに多くの観光客が訪れていました。
標高2450メートルの登山口、室堂ではここ5日間ほど雪が降り続き、23日朝の積雪は2メートル20センチありました。
映像と詳細は以下をクリック
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131123/t10013286071000.html
以上

 雪崩に遭わない大原則は降雪中、降雪直後に行かないこと。体力や技術、経験、知識では克服できないからです。雪が落ち着いてから警戒しながら行くというもののようです。
 特に北陸はドカ雪が降ります。大都会に住む登山者にはこの恐さが中々理解できない。みんなが行くから、行ってきた人が居るから、じゃあ、行ってみる?、となります。
 全員死亡はショッキングなことですが、冬山登山ではありうることです。多分、大量の雪に埋もれて体勢を整える間もなく、窒息死したのでしょう。リーダーの判断一つです。

雪崩の動画がユーチューブに投稿されました。雷鳥沢一杯に雪煙が広がる大規模な雪崩です。
http://www.youtube.com/watch?v=OSGPmVquYqU

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック