近江・元富士と長命寺山を歩く2010年11月06日

 久々の名神高速を走る。新名神へ多くが流れたせいか通行量は少な目。快適なドライブである。八日市ICから山麓のムラを目指す。
 小春日和で温暖な気候が素敵だ。刈田にはヒツジが生えている。二毛作も可能ではないかと思う。水郷地帯を抜けると山麓に着いた。
 遠望すると湖南アルプスとも姨綺耶(いきや)山系とも言われる低い山なみの右端に端正な三角錐の元富士が見えた。奥津山が一般的なようだが地元では権現山で親しまれている。ムラの左端の神社に車を置かせてもらった。
 10時少し前、ムラの老人に山の様子を伺うとはっきり「権現山か」という。自分の庭のような気分で手に取るように教えてくれた。山際で再び確認。少しばかりの間は蜘蛛の巣と足元の竹の散乱に手を焼いたが上に行くに連れて良くなった。帰宅後にこの山を検索するとマムシが多いと知った。小さな蛇はマムシだったのだ。色が枯れ木色でそっくり。
 周囲は手入れのない雑木で南国風のシダ類の繁茂する急斜面の参道を登る。およそ20分も歩いただろうか。巨石に抱かれた権現様が見えた。これは検索すると「愛知県知立市の知立(ちりゅう)神社から勧請されたとみられる「池鯉鮒(ちりふ)権現」が祀られた一間社」という。なんと愛知県に縁ある神社だったとは。
 右へ適当に薮や枯れ木を避けながら登ると山頂だった。展望はない。途中には巨石が何箇所かあった。この山はどうやら巨石信仰の山のようだ。
 戻って途中から分かれる横断の山道を歩いて見たが谷の奥で林道に下れた。薮虱が一杯着いた。下っていく方向に下ったが途中で終り谷筋に沿って下って見ると竹林に着き、元の登山口に戻れた。周回できてよかった。
 車に戻って隣の長命寺へ向かった。山懐のお寺のその上の山である。お寺までは車で登れる。なぜかお寺からは直接の登山道はない。Pから少し戻って湖南アルプスのハイキングルートに入った。終始樹林帯で琵琶湖の絶景は見ることもなかった。この山も周囲は樹林帯で展望はない。
  下山途中では「ぶひゅ」という声に仰天した。野生の小型猪が上に向かってそれこそ猪突猛進していった。向かって来られたらたまったもんじゃない。
 Pに戻ってもまだお昼過ぎ。近江八幡市街で有名な酒屋を改造した食事処で昼食とした。

 白洲正子が絶賛したという長命寺あたりの風景はついに俯瞰できなかった。それを書いた『近江山河抄』(講談社文芸文庫)は昭和47年に「芸術新潮」に連載したものをまとめた。62歳だった。低山とはいえ周辺の山をも登っているから大したものだ。奥島山も含めて。
 彼女が愛した水郷地帯の美はもう今は多くを干拓で失われてしまったようだ。大中の干拓地がそれでこのいきさつは司馬遼太郎が『街道を行く』24近江・奈良散歩(朝日文庫)に書いている。読むと再び行って安土山も登りたい気分がする。晩春から初夏にかけては美しいだろうという想像はできる。
 私達が渡った橋も水門になっていてゲートが昇降する仕掛けである。昔は奥津島という琵琶湖最大の島だったそうだ。大中干拓によって陸地化してしまった。ゲートの役割は干拓地が湖水面よりも3mも低いから大水で琵琶湖の湖水が逆流しないためのもの。西の湖に溜まった水はポンプで琵琶湖に排水する。日本の中のオランダになっている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック