涼味満喫2010年08月02日


赤坂谷を溯る
赤坂谷を溯る
左岸からいい足場を選んで簡単に越えられる

赤坂谷を溯る
入水かと思いきや早まるなちょっと待てと声をかけた

北アルプス・薬師岳に登る2010年08月02日

十三重(とみえ)の塔
 7/30夜発、7/31、8/1と薬師岳に登山した。今回の目的は愛知大学山岳部員13名の慰霊である。昭和38年正月のいわゆる38豪雪で登頂を果たした後下山ルートをミスって東南稜に入ってしまった。13名全員が遭難死した。山岳遭難史では八甲田山の遭難に次ぐ大量遭難であった。
 この遭難救助には多くの人、カネが費やされた。愛知大は苦境に追い込まれるが新聞報道で知った人らからのカンパが寄せられて大学の破産だけは回避できた。
 救助活動にもっとも活躍されたのが太郎平小屋オーナーの五十嶋博文氏であった。新婚まもない頃で遺体は東南稜を中心に11体が発見された。最後の2遺体は奥の廊下側で発見され黒部川で荼毘にふされた。これも愛息を失った父親の執念とオーナーの直感が当ったという。

 Pで仮眠後朝7時にあるぺん村に集合、メンバーを編隊して出発。小見からの道は工事中で利用不可(今年度中はだめらしい)なので別ルートから有峰に入る。折立はPは満杯だが道路に溢れるほどではない。仕度を整えて歩き出し、十三重の塔(とみえのとう)に集まり、新しい線香をあげて先輩達の慰霊をする。ここまでは大学の関係者も来るが登山となると大変だ。今回も同窓会の富山支部、飛騨支部、西濃支部有志12名と私で13名となった。奇しくも同じ13名であることに誰もが驚いた。
 参加者は登山の経験者は余りないようで早速1人が足の痙攣に悩まされた。普段の生活はどっぷり不摂生に浸っている。だましだまし三角点を越えたが先でひどくなった。途中で登山道脇にツムラの芍薬甘草湯の袋が落ちていたのを拾って広い休み場で中高年パーティに「この薬持っていませんか」と呼びかけたら親切女性が譲ってくれた。サンキュー。当事者に飲ませてこの薬の薬効の顕著なことを含ませて小屋まで頑張るように激励した。小屋近くになって効いてきた気がする、という。まあ良かった。
 小屋のオーナーにごあいさつ。早速ビールでミニ宴会をやった。寮歌まで飛び出た。オーナーからも差し入れを頂いた。ニコニコと優しい笑顔で登山者の世話をするオーナーである。
 8/1は5時半過ぎ出発。オーナーの説明を受けながら登山する予定だったが都合で土井氏にバトンタッチされた。彼は富山県警山岳救助隊で活躍した人である。薬師峠を過ぎると登山道は急になり、沢沿いに登る。流れに沿いながら行くと伏流したところに着き一服。最後の水場である。冷たくて美味しい水だ。ここでは昭和38年ころの冬山登山の道具の話が出た。テント生地は綿布(かビニロン?か)。とても重い。私が30年前に薬師峠から黒部五郎岳、笠ヶ岳と縦走した頃でもテントは家型綿布製で重かった。10Kg以上はあったから装備分担は慎重に行った記憶がある。学生たちは恐らく35kgはかついだのではないか、と土井さんはいう。深雪のラッセルも大変なアルバイトだっただろうという。日本海側の雪は重くて多いのだ。2人が空身になり雪を押しのけながら道を作っていく。疲れると次の人に交代し、ザックをとりに行く。これを繰り返すのだ。
 薬師平に着く。草原と矮小化した樹林の美しい平である。休みながら説明を聞く。前進キャンプがあった場所だ。ここのケルンも遺族が建てたとか。ハクサンイチゲ、シナノキンバイなどが咲くのを見ながら薬師山荘に行く。草原を抜けると砂礫の狭い尾根道である。古い山荘はなくなり、完成間近の山荘が姿を見せた。高度が上がると槍穂高、笠、黒部五郎、水晶などが雲海の上に浮かんでいるのが見えた。
 山荘から先は森林限界を抜ける。小さな砂利の道をモクモク登ると東南稜の分岐であった。ここが運命の分かれ目だったのか。ケルンの中に木の仏が安置されている。全員で慰霊の黙祷、そしてだれかが持ってきた印刷されたお経の文を見ながら般若心経を唱えた。
 分かれ目は北西の風雪が容赦なく吹き付ける。地形的に観察すると季節風に押されてしまいそうだ。風速3、40m?はあろうか。視界は3、4m?か。ホワイトアウトの世界を彷徨したのだろう。テントも飛ばされる強烈な風に抗しながら・・・・・。1年生を守りながらビバークした形跡もあったという。
 すぐ近くに聳える薬師岳に足を向けた。登山者は少ない。記念写真を撮影。金作谷の話を聞く。カール地形が美しい。昨年上ノ廊下側から見上げたときは凄い崖になっていたことを想い出す。
 慰霊登山の儀式は終わった。太郎平に向けて下山した。あるメンバーが不整脈が出た、と不調を訴える。こりゃ大変。薬師平からはザックを土井さんが担いだ。凄い人だ。こんなにも急だったかと想うほどきつい登山道である。しかし、東南稜に眠る御霊が見守ってくれて無事に小屋に着いた。土井さんに礼を述べて分かれた。不整脈氏が小屋に常駐する医師からさんざんに脅かされていた。電解質の水を呑みなさいと処方されていた。アルコールはだめ、とも。医師自身も入山の3、4日前からコンディションつくりのために飲酒を控えると説明していた。飲みすぎもあったようだ。
 昼食後は折立に下るだけとなった。濃霧の中を下山した。ぬかるんだところもあって大変だった。折立は曇り空でどうやら雲の中を下ったようだ。再び車を再編成してあるぺん村に戻る。支部の人にお膳立てを謝して分かれた。

近江曲谷の五色の滝まで2010年08月06日

華麗なる五色の滝の前を横切る
五色の滝の上流にある横長の滝でど迫力がある。風圧で涼しい。

横長の滝のアップ


天白学区盆踊り大会開催2010年08月07日

西空にあかね雲あり秋立てり

秋風や祭りの夜は開かれぬ

ふるさとを忘れたまうな夏祭り

生き生きと祭りのやぐら組み立てり

空き缶を祭囃子にふと叩く

子供らがどっと出てくる夏祭り

会場に風を呼ぶべし水を打つ

祭りのあと2010年08月09日

 8/8夜9時地域のふれあい夏祭りが終わった。区政協力委員会、PTA、民生委員など学区総出で支えた祭りであった。
 8/7は早朝から椅子、机、テント設営などの準備。夜を迎える前に照明の点灯、祭囃子の放送で盛り上げて行く。終わると同時にゴミの分別仕分けをして片付けた。8/8の早朝もゴミの仕分け、午後6時には集合して段取りする。
 普段はどこにいるのかと思うほど多くの子供達が集まってきた。げに祭りは子供の思い出作りのためかと思いきやボランティアの老人たちも生き生きと協力し合っている。全世代がこころを一にして盛り上がる行事と見た。
 だからこそ郡上藩の殿様は住民の統一のために郡上踊りを考え出したのであろう。住民パワーの噴出であり、ガス抜きでもある。情多き人間を飼いならす為の手段でもある。
 天気は無事に持ってくれた。8日の夕立はいいお湿りになった。着実に気候が変化して行く。
 8/9の午前6時にはもう早々と片付け作業に入った。机、椅子を清掃しながら倉庫にしまう。大量のゴミを分別した。テント撤収は再び午後5時に集まることになった。

 ふと「祭りのあと」をUチューブで聞いた。桑田佳祐のあれ。若いのにガンに罹病して手術と報道されていたっけ。生還を祈ろう。

 もう一つの「祭りのあと」は吉田拓郎のそれ。夢の一幕のような祭りのあとの空しさをよく表現している。

 まだあったな。井上陽水の「少年時代」の3番の一節。「夏休み」もいいな。詩も曲もすべていいので癒される。

http://www.youtube.com/watch?v=SqUA_UQsKE4

 ♪夏祭り 宵かがり
   八月は 夢花火 私の心は夏もよう
   Um Um Um Um Um----m---

台風4号到来2010年08月12日

 季節の変化は見事である。立秋を過ぎたと思ったら猛暑が引き始めた。祭りも終わってもう正月だわ、とエレベーター内で話したがまだお盆がありますよ、と言ったら笑っていた。お盆が過ぎると日没も早まる。日に日に秋になって行く。それでも残暑は厳しいのであるが。
 台風4号が日本列島に来ている。東シナ海を北上して朝鮮半島に一旦ぶつかって日本海を東に向いている。予報では東北地方に上陸とも。湿気を含んでいるもののお陰で朝方から涼しい。
 マンションの窓から天白川を見下ろすと朝方は浅瀬が見えていたのに今は泥水に変わり水量も増えている。上流水域で降水量が飛躍的に増えたのだろう。

 来週は黒部川の沢登りに行く予定。お盆休みは混むからと遠ざけたがこの大雨では週末の黒部は増水で遡行は難しいだろう。とするとキャンセルした人らが来週にずれ込むと賑わいそうだ。観光的沢登りだからまあいいか。

平成の「木綿以前のこと」2010年08月13日

 台風が去った。濁流だった天白川も今朝はもう浅瀬が見えて平穏を取り戻した。いつもの暑い夏が戻る。
 今日は湿りをとるために蒲団を干した。シーツも洗った。掃除機をかけて綿ぼこりを吸い取る。その掃除機の中も掃除した。細かいほこりがぎっしり詰まっているのでドライバーでこそぎ取る。こうなると普段手抜きしているあちこちが気になる。扇風機を分解して吸着した綿埃を掃除した。試しにスイッチを押すと気持ちのいい涼風が沸き起こった。
 8/2に突然、15年使用してきた洗濯機の脱水機が壊れた。脱水不能の状態で使っていたが8/9に同じ二層式洗濯機を購入した。メーカーのサービスセンターに電話しても昨年の冷蔵庫と同じく「お客さん15年も使えば充分ですよ」と言われかねない。
 変わり映えしないがこれで充分だ。小さな変化は今日気づいた。水流の切り替えが1つだけに絞られた。しかし旧型でも1つしか使わなかったのだ。綿ほこりを吸い集めるフィルターが大きくなったせいか以前よりも量が増えた。いつもこんなに多かったかなと思うほど多い。
 民俗学者柳田國男の「木綿以前のこと」という随筆は麻を着ていたころは綿ほこりはそれほどなかったが江戸時代に入り、木綿を使うようになってからは綿ぼこリが増えて掃除する手間が増えたという趣旨のことだったと記憶している。
 してみれば朝から綿ぼこりばかり掃除しているではないか。掃除機で綿ぼこりを掃除し、掃除機のフィルターを掃除。洗濯機のフィルターに集まった綿ぼこりを掃除。扇風機に吸着した綿ぼこりを掃除。まだエアコンのフィルターもあるだろう。しかし、暑くなってそこまではもう気力が及ばない。
 夏の楽しみは冷たいビールを飲むこと、怠けること、だらだら過ごすのが一番だ。

山ガール台頭2010年08月14日

 宛て名書きのために丸の内の事務所に出向く。曇天で蒸し暑い。いつ降雨があっても不思議でない。例年お盆の天気は大体降雨率50%くらいかな。山へ行かないと無為に過ごしやすい。
 天白の八事の坂にさしかかるがやや車が多い。八事霊園があるし、八事興正寺へも参拝者が多いのだろう。あすはもっと多くなりそうだし、帰省先からUターンする人も増える。どちみち車は多い。
 デスクに向かうがたまっていた雑用やら余計なことに時間を費やすばかりで宛て名書きは始まらない。詰まんない仕事だからだ。
 しばらくはググってみる。最近目につき始めた新語「山ガール」のこと。昨日の中日夕刊の証券欄に山ガール御用達の商品が急成長しているので関連業界の株式を買っておこう、という趣旨。各社売上伸ばしているがそれを裏付ける話が動画で紹介されていた。
 名古屋市内在住らしい26歳の山ガールはもう100万円は使った、とのたまう。思わずえっとなった。その娘は毎週登山とハイキングに明け暮れていて完全にはまっていた。しかし、金銭的にそんなに使うものか。山道具は登山靴4万円、ゴアテックスの雨具4万円、アウター上下3万円、下着、スパッツなど3万円、帽子1万円、ザック3万円、高めに見積もっても15万円ですよね。TPOで3種類揃えても45万円也だ。
 しかし、IBS石井スポーツ、好日山荘でも雰囲気が変わったと思うのは中高年から山ガールにターゲットを当て始めたのか。丸の内の一等地に店を構えるパタゴニアはいつもにぎわっている。ファッショナブルな商品構成に気づく。さてはIBS石井が丸善の向かいから現在地に移ったのもパタゴニアとの競争があるのだろう。栄からパタゴニアへ行く前にお客をさらってしまう戦略?可処分所得の多い彼女たちの心をとらえる商品が売り上げ増加につながる。
 100万円というのはたぶん旅費なども含めてのことか。JACの会報でも昨年の夏、穂高涸沢に集結した山ガールがたくさんいたようだ。日経ウーマンでも特集記事があった。なんでも達成感がいいというのだが。若い登山者が増えるのはいい傾向だが。
 しかし怖いのは中高年登山者と一緒で道具さえ揃えれば何とかなると思っているらしいのだ。現今、全国的に中高年登山者の遭難が多発している。加えて山ガールが全国的なブームになるとあちこちで32歳のアラサー女性登山者遭難、などという報道が増えそうな気がする。
 昨日の朝日朝刊のオピニオン欄には安易すぎる登山者の山岳遭難への警鐘があった。羽根田治氏の意見では山岳遭難の99%は自己責任という。これは私の観点と一致する。
 こうした観点から山岳会のリーダー研修登山、地域のハイキング講座で必ずしもいいことばっかりではないよ、と指導している。登山技術を向上して攻めるばかりではいつかしっぺ返しされる。守りの技術も覚えといてね、ということだ。これまでの中高年に加えて山ガール専門の登山研修も必要かもね。
 40代から50代は10年20年上の世代の世話を焼いてきたが私もいよいよアラカン世代になった。アラサー、アラフォーへと照準を当てる時期がきたのかな。

山岳遭難多発2010年08月15日

 このお盆休みにも多くの山岳遭難が発生した模様だ。一般登山道でも東海各県の登山者が八や日本アルプスで遭難している。
 木曽駒の正沢川では沢登りで1名が溺死、赤石岳の小渋川では徒渉で流された模様で1名死亡、上の廊下でも徒渉に失敗してザイルをつけたま流される事故が発生し救助要請があったらしい。関東圏であった事故以来沢登りの事故が多発傾向にある。
 今年は雨が多くて水量が増えている気がした。北アルプスの黒部川方面では集水マスのような地形だから上の廊下はぐっと増えたと思う。小渋川も同じ地形で危険な川に違いない。撤退したり、中止したパーティが多かったと思われる。
 今日はまだ15日なので2日もたつと16日になっても下山せず、連絡もなしといった、事態が予想される。
 沢登りは登山者の総合力が試される。登山技術、気象観測、幕営技術、判断力、想像力がいるだろう。メンバーの協力も重要である。岩登りは軽装にして垂直の岩壁登攀だが沢は藪こぎもある。高巻きにおけるルート判断は沢登り実践家にとっては優しくも難しくもする。
 それだけに魅力の多いものであるが一般登山以上に自分の総合的な棚卸が必要だろう。山の雑誌に紹介されたからと行くのはもってのほかだ。
 ここまで書いてふと「山の安全対策」というサイトの問題集を思い出した。奥秩父のパーティは沢ネットワークといい、東京都の労山の沢登り講習会だったようだ。道理でね。
設問11 二重・三重遭難、救助活動や講習会に伴う事故がわりと発生しやすいのはなぜか?
(大勢いるほど、事故が発生しやすいのはなぜか?)
この設問に当たるのだが。以下私の回答である。

 回答:支援するスタッフの不足。

 講習会ではリーダー+スタッフの数に対して講習参加者の割合が多くなるのは当然。しかし、1人が面倒を見られるのはザイルを使う場合は2名までという。講習参加者は自分のことだけで頭が一杯であり、危なっかしい人への配慮は期待できない。スタッフが十分なら事故を起こした人のレベルを把握して確保なり、アドバイスをしておれば防げたかもしれない。
 教訓としては講習会の実践では逆転してもいいくらいのスタッフを揃えたいものだと思う。
 またこの設問の通り、まず救助ヘリの墜落で5名が死亡し、追って報道関係者が2名死亡した。典型的な三重遭難のケースを残した。

八方塞がりの日本経済2010年08月16日

 欧米の財政事情、経済事情の悪化で通貨が売られてユーロ、ドルは安くなる。これは分る。反対に日本経済は実態はいいらしい?が財政は悪化の一途をたどっている。ところが売られるはずの円が買われるのは何でだろう。円高になると収入が為替差損で目減りするので業績の回復途上の輸出企業の株式も売られている。どうやら日経平均で9000円割れは必至である。
 このトレンドに対して政府・日銀は何か政策を考えているのだろうか。何もいい案はないらしい。何もしないのが一番らしい。そこを見透かしてFXトレーダーが円買いドル売りを仕掛ける。今日以降政府日銀で話し合いがもたれるという報道があった。その姿勢だけでも若干は買い戻された。政府日銀は巨大な機関投資家でもあるから太刀打ちできないと見たのだろう。しかし無策と分るとまたしかけられる。
 国民・企業が政府日銀に期待しすぎるのだろうか。それはある。
 自分の城は自分で守れとトヨタの大番頭・石田退三は言ったが輸出企業は概して脆弱だなと思う。いい時でも様々な租税特別措置で守ってもらえる。今またエコだとかいって補助金をもらって一息ついている。
 政府日銀には有効な打つ手がもうない、としきりに報道される。

 しかし、あると思う。優良企業が縮こまっている気がする。あるいはずるいのか。

円高でスーパーは還元セールを実施中だ。輸出企業はその反対をやるといい。

1輸出企業が補助金(税金)で支えてもらって儲けたカネの一部を賃上げに回すことだ。そうすれば所得税、消費税の自然増収が見込める。
十分な賃金があれば子供手当なんていらない。

2財界は法人税のダウンを要望しているがそれなら租税特別措置を一旦全部解除して世界的なレベルに下げたらいい。

3経費の損金不算入(つまり増税)を止める、減価償却費の期間を短縮することも重要な政策だろう。利益を上げる企業にとっては節税になる。交際費も100%経費で落ちれば夜の街もにぎわいを取り戻す。取引も活発になろう。