映画「晩春」観賞2010年07月04日

 久々に小津映画を堪能した。愛知県図書館の名画鑑賞会の催事であった。開場は13:30というのに13時過ぎには2、30名がずらっと行列を作った。職員が見かねて5分前に開場してくれた。と同時に100座席はあろうかという小さな劇場は大方埋まった。14:30上映までには後ろに予備席も設置されて盛況であった。
 観客はおおむね後期高齢者らしい年齢層が多かった。しかし明らかに若い人もいた。1949年の劇場公開以来61年経過してこの人気ぶりはいかに説明されようか。つい最近も貴田庄著『あるがままに生きて』というタイトルの原節子を回想する本が出版された。原節子は未だ健在なり、と思う。
 今日の映画はその原節子が主演する。また小津映画は初出演になる。公開当時は大きな反響を呼んでヒットした。以来、『麦秋』『東京物語』を主演して紀子三部作が完成した。すべてが名画の誉れ高い。
 DVDで何度か観賞したからもう筋書きを書くのはよそう。新しい発見はないか。うーん、小津映画の中の原節子の花嫁姿はこれが最初で最後ではないか。
 見終わって図書館から中日新聞社脇を通り、愛知県護国神社に行くと大きな茅の輪があった。茅の輪くぐりの催事があるのだろうか。一句詠むまでには至らなかった。三の丸と丸の内の間のお堀跡は今夏草の繁茂で埋まる。
  夏草や昭和を偲ぶ小津映画   拙作

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック