第50回木暮祭に参加2009年10月19日

大鍋にたっぷりのほうとう
甲州名物の「ほうとう」の煮込み風景。きしめんによく似た形状の麺類である。白味噌をベースに白菜、里芋、かぼちゃ、ニンジン、きのこ(天然もの、しいたけ、その他)を入れてぐつぐつ煮込むだけの簡単料理。食料不足の時代の応急の食べ物で年配の人らには辛い時代を思い出させる食べ物である。地元の人はお金をだしてまで食べたいものではない、という。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック