鎌倉アルプスと三浦アルプスを歩く!吟詠2008年12月30日

  富士を見る山ゆきで締む年の内

  宿で飲む酒買う年の暮の街

  眠る山大山はいや高きなり

  霜柱踏んで山路の始まれリ

  冬うらら目白が食べるコムラサキ(小紫)

  大船や打ち水新た冬の宿

  高まれば汗かくほどに冬着脱ぐ

  山桜並木となるや冬木道

  枯木立栗鼠は人見て遠ざかる

  モクレンの冬芽それさえ温みあり

  なべて石隠す落葉や坂の道

  冬青き林にひそと石仏
  
  どこまでも冬青き葉の山路かな

  羊歯の生ゆ里山のげに懐かしき

  鈍色に光る相模の冬の海

  雲ひとつなき冬晴れの二子山

  夜が迫る冬の鎌倉そぞろ行く

  冬の夕客待ち顔の車引き

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック