再びの岩岳山と竜馬ヶ岳2008年04月28日

 先々週の登山では局地的な低気圧の発生とかで名古屋は晴れていたのに浜松北部は霧と風、時々小雨という意外な悪い天気であった。ヤシオツツジはまだツボミすら見なかった。
 4/27には降雨率0%と絶好の登山日和となった。登山口の駐車場は一杯であった。前回は見送った入手山経由のコースを登りにとって岩岳山、竜馬ヶ岳へと縦走的に登れた。入手山周辺の山腹には開花したばかりのピンク色のアカヤシオが見えた。振り返ると入手山辺りが花見山行には一番いい。少し早めのランチタイムを楽しむハイカーが多かった。それにシンフォニーからの登山ではないようだった。岩岳山は急登を忍んで登ったものの展望もなく狭くくつろいだ気がしない。そてにヤシオも小さめであった。
 昼食後岩岳峠に行き、岩嶽神社を踏んで竜馬ヶ岳に向った。前回よりは明るく新芽の吹き出しも見えてやっと早春の趣であった。単独行とすれ違った。ぬた場を経て登頂。さわやかな風が嬉しい。隣には京丸山が見える。すぐ近くには高塚山が尾根続きに見えた。
 下山は東への尾根をワンダリングしてみた。「北に遠ざかりて白き山あり」ではないが南アルプス深南部の高い山が見えたが20万図がないく同定が出来ない。直観的に左からバラ谷の頭、黒法師岳、池口岳、光岳辺りか?。尾根には鹿道が続いている。赤い布もぶら下がっているので好事家には利用されていそうだ。
 長い穏やかな尾根を岩嶽峠に戻り荷小屋峠に下った。峠からはまた暗い杉林に入って下る。途中岩嶽山の山腹が良く見えた。アカヤシオが点在し学術的な価値のある群落というだけのことはあった。
 林道に戻るとまた1時間余りの戻り坂が始まった。中間くらいでハプニングがあった。道迷いの夫婦に出会ったのだ。右へ京丸に下っていく林道を下ってしまったらしい。おかしいと戻ってまたやはりあの道かと下ってくるところであった。
 聞いて見ると地図持たず、コンパス持たず、非常食、雨具もなく弁当と水筒だけのハイカーであった。色々とアドバイスしながら登山口に戻った。

コメント

_ 韋駄天太郎 ― 2008年05月01日 23時52分41秒

初めまして!
私は4/30に岩岳山へ行って来ました。
この時期、十数年岩岳山へ通っております。
今年のアカヤシオは、確かに咲いているタイミングでは、
ありましたが、若干数が少ない気もしましました。
昨年は竜馬ヶ岳まで行きましたが、
今年は行けず、少し残念でした。
あの南アルプスの深南部の静かな雰囲気が
私は好きです。
天気が良ければ、竜馬ヶ岳から、
聖が見え、黒法師岳も見えますね!
時々、ブログを読ませていただきますので、
よろしくお願いします。
私のブログも良かったら、読んでください。
http://blogs.yahoo.co.jp/runner_taka

_ 小屋番 ― 2008年05月02日 22時03分55秒

コメントをありがとうございます。以前から行きたいと思いながらなぜか機会がなかった竜馬ヶ岳です。期待通りの静寂で渋くっていい山でした。
 毎年通うなんてすごいですね。山行と水泳を入れ替えればトライアスロンになります。距離の割りにギャップが大きいので相当にハードな山です。遭難多発の警告もむべなるかなです。でも入手山はそれほどでもありませんね。救助に引っ張り出される側としては不用意に入り込んで欲しくないんでしょうが。 
 4/30も天気がよくてよかったですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック